ダンスカンパニーOrganWorks写真展が、藤井フミヤが手がけるギャラリーで開催 | Numero TOKYO
Culture / Editor's Post

ダンスカンパニーOrganWorks写真展が、藤井フミヤが手がけるギャラリーで開催

「The Art Life」がテーマとなった『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』6月号でも紹介した、藤井フミヤがオーナーを務めるギャラリー、Feb gallery Tokyo。誌面にて企画展では注目の若手を紹介し、グルーヴ感を生む場所として面白いことをやっていきたいと語っていたが、6月3日(金)〜5日(日)まで開催されるダンスカンパニー、オルガンワークス(OrganWorks)の写真集『keen』発売を記念した写真展では初日にダンスパフォーマンスも公演予定だ。

東京2020オリンピック競技大会開会式では総振付を担当した、平原慎太郎が主宰するダンスカンパニーOrganWorksは国内での活動のほか、海外でもコラボレーションや振付提供とボーダーレスに活躍する。今回アーカイヴ化プロジェクトの一貫として川西悠太が撮り下ろした写真集には、ダンスの生成プロセスを切り取った躍動感あふれるヴィジュアルが収められた。

パフォーマンスが行われるレセプションでは、その迫力をぜひ体感してみてほしい。

「keen」
アーティスト/
フォトグラファー:川西悠太
パフォーマンス:OrganWorks

会期/6月3日(金)15:00〜20:00 
*レセプションは18:30ドアオープン、19:00パフォーマンス開始
6月4日(土)、5日(日)11:00〜20:00

会場/Feb gallery Tokyo(東京都港区南青山4-8-25)

写真集/¥4,400
2022年6月3日(金)発売
ソフトカバー(W172×H257mm、128ページ)

Text:Nozomi Urushibara

Profile

川西悠太Yuta Kawanishi フォトグラファー。1989年鳥取県生まれ。 日本大学芸術学部写真学科へ進学。同校を卒業後、2013年よりNYを拠点に活動。ファッションフォトグラファーとしてLANDLORD NEW YORK、Melitta Baumeisterのルックブック、キャンペーンなどを撮影。2015 Lijevalchs Museum,stockholm,Sweden ‘’Utopian Bodies’’にて展示。 2017 Museum of Arts and Design,New York City,USA ‘’fashion after Fashion’’にて展示。2020年に拠点を東京に移す。@yutakawanishi1989
オルガンワークスOrganWorks ダンスカンパニー。設立年2009年4月。その後2013年より平原慎太郎が主宰となり主に舞台作品の企画、運営及び振付、関連WSや学生むけオープンリハーサルなど舞踊に関わる企画の運営、制作をする団体として活動を始め、2014年よりダンサーを固定して身体言語の共有と経験の共有を行い個々の活動を行う舞踊家の集う団体として活動を本格化する。国内では関東首都圏・広島・新潟・北海道・神戸・愛知などでの活動をする他、スペイン・韓国・中国などの国々でもコラボレーションや振付提供などで活動を行う。2015年TOYOTAコレオグラフィアワード大賞の他、受賞経験多数。またTOKYO2020では開閉会式の総合振付担当者としてカンパニー一丸となってこれに取り組む実績を持つ。2022年度より「個を肯定する為の創作とカテゴライズからの解放に繋がる創作」をモットーに活動。@organ_works URL/https://theorganworks.com

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する