アデル、カリフォルニアに大豪邸を購入 | Numero TOKYO
People / Post

アデル、カリフォルニアに大豪邸を購入

アデル(Adele)がカリフォルニアに5800万ドル(約75億円)の家を購入した。今週恋人でスポーツエージェントのリッチ・ポールとの写真を公開していたアデルだが、その写真の一枚に8つのベッドルームがある豪邸の前でカギを握る2人の姿があった。

以前シルべスター・スタローンが所有していたことで知られる、3エーカーの土地に建てられた同邸宅は12のバスルームを誇り、広さは1万8586スクエアフィート(約1730平米)、長い私道でプライベートも十分に守られているという。ロサンゼルス・タイムズによると、スタローンは当初1億1000万ドル(約142億円)で売りに出していたものの、その約半額の価格でアデルは購入したようだ。

購入後スタローンは地中海スタイルだったその家をより現代的なものにリフォーム、リビングルームに金属フレームの窓とドアを追加、8台の車が収納できるガレージにはアートスタジオ、さらにゲストハウスも建設したそうで、他にも映画館、ジム、特注のバーとシガールームがあり、近所にはジャスティン・ビーバーやデンゼル・ワシントンが住んでいるという。

ちなみに元夫サイモン・コネッキとの間にアンジェロ君(9)がいるアデルだが、以前ラスベガス定期公演の延期についてこう話していた。「子供を産むからキャンセルするかもなんて!今は一生懸命働いているけど、全てが準備できるまでは新しい日程を発表しないわ」「もちろん早めの告知が望ましいけど、時間通りに準備できるかはわからない。でも100%今年実現させる」「来年は他の予定があるから今年やらないとね」

そして、もう1人子供を産む意向はあるものの、母親業の大変さについて、「回復するのにとても時間がかかる。でももっと子供が欲しい。息子が生まれた9年前からの睡眠不足からようやく解放された感じがする」と続けていた。

 

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する