ヤー・ヤー・ヤーズ、4年ぶりにカムバック!? | Numero TOKYO
Culture / Post

ヤー・ヤー・ヤーズ、4年ぶりにカムバック!?

ヤー・ヤー・ヤーズ(Yeah Yeah Yeahs)が今年、音楽界に大復活を遂げようとしている。過去4年間ほとんど活動をしていなかったカレンOのバンドだが、インディー系レコード・レーベルのシークレットリー・カナディアンと契約後、新曲を携えてカムバックすることを示唆している。

2018年以来となるライブを控え新曲のティーザーを公開した同バンドは、来月イギリスのマンチェスターとロンドン、そしてオーストラリアでも公演を予定している。さらに、10月1日にニューヨークのフォレスト・ヒルズ・スタジアム、同月6日にロサンゼルスのハリウッド・ボウルと2つのアメリカ公演も追加している。

これについてカレンOは、「素晴らしい才能を持つ、ジャパニーズ・ブレックファストとザ・リンダ・リンダズのバンドをサポートに、自分達の故郷であるニューヨークとロサンゼルスでの2つの大きな公演について発表できることを本当に嬉しく思う。フォレスト・ヒルズではザ・リンダ・リンダズがサポート、その他のサポートは近日発表される予定!」「数世代を代表するバンドだ!皆に会うのが待ちきれないよ! 新しい音楽! 新しい時代!そしてニューホームのシークレット・カナディアン!お祝い事がいっぱい!」と話している。

この公演日程は新曲の断片も公開された動画で発表され、ニューアルバムのリリースに対するファンの期待を煽った。

新曲のリリースはまだ定かでないものの、2020年にカレンは、このタイミングは正しいと感じたとしてオーストラリアのラジオ局ダブルJにこう明かしている。「私が言えるのは、何か音楽を作る準備ができたと感じているということ。それしか言えないわ」「何か新しいものを世に送り出すべき時が来たって感じている。まだ実現していないけど、今年どうなるか分かるよ」

同バンドの前作『モスキート』は2013年にリリースされている。

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する