ケイト・ブランシェット、霊能者に子供の数を予言され的中! | Numero TOKYO
People / Post

ケイト・ブランシェット、霊能者に子供の数を予言され的中!

©Bang Media International
©Bang Media International

ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)は、ある霊能者を訪ね、自分の子供の数について予言されたことがあるそうだ。

夫のアンドリュー・アプトンとの間に長男ダシエル(20)、次男ローマン(17)、三男イグナティウス(13)、養子に迎えた娘イーディスちゃん(6)がいるケイトは、『ギフト』で霊能者を演じる際、本職の人を訪ねてみようと会いに行ったところ、「ほぼ全て」のことについて正確に当てられたという。 ケイトはW誌にこう話す。「リーディングを受けたことがなかったから、受けてみようと思ったの。彼女(霊能者)は、その時点では意味がわからないとても奇妙なことを言った。将来子供が4人できる、と言う事も含めて。彼女が言った多くの事が起こった。そして今私には4人子供がいる」

1946年のウィリアム・リンゼイ・グレシャムの小説を原作とする新作映画『ナイトメア・アリー』が話題のケイトは、再びこの霊能者に見てもらいに行くか決めかねていたとして、「すぐに彼女に会いに行きたいと思う自分がいる一方で、もう二度と会いたくないって思った」と続けた。

また同新作で自身が演じた精神科医リリス・リッター役について、ケイトはこう説明している。「このプロジェクトが大好き。多感な時期にトッド・ブラウニングの『フリークス』を観たけれど、人間味にあふれた作品だった。私はいつもサーカスやカーニバルの世界に魅了されていたの」「タイロン・パワーが出演した1947年のオリジナル作『悪魔の往く町(ナイトメア・アリー)』を観たんだけれど、その映画ではすべてがゲームになっているのが好きだった。こっちのバージョンでは、私は男たちを破滅に導く、伝統的なファム・ファタールを演じる」「でも私が演じたリリスは、倒錯した形の真実の光でもある。真実を明かすことを望んでいない人間から、真実を掘り起こすことができるの」

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する