Fashion / Post

速報!「Bottega Veneta」の新クリエイティブ・ディレクターが決定

ここ数年、快進撃を続けてきたダニエル・リーによるBottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)。彼の退任に伴い、新たにクリエイティブ・ディレクターが発表された。

ボッテガ・ヴェネタの新クリエイティブ・ディレクターに任命され、次の章を託されたのはマチュー・ブレイジー。1984年パリ生まれ、フランスとベルギーの国籍で、現在はアントワープとミラノに拠点を持つ。 ラフ・シモンズのメンズ コレクションのデザイナーとしてキャリアをスタート。その後、メゾン マルジェラにて「アーティザナル」ラインのデザインとウィメンズのレディ・トゥ・ウェアのデザインを担当。2014年にセリーヌでシニア・デザイナーに就任、2016年から2019年までカルバン・クラインで再びラフ・シモンズと仕事をともに。2020年にはボッテガ・ヴェネタのレディ・トゥ・ウェアのデザイン・ディレクターを任されている。

Photo by Willy Vanderperre
Photo by Willy Vanderperre

ボッテガ・ヴェネタの最高経営責任者(CEO)のレオ・ロンゴネ「極めて才能に溢れたマチュー・ブレイジーにラグジュアリー・ブランドのクリエイティブの舵取りを任せられることを誇りに思い、また胸を躍らせています。ボッテガ・ヴェネタはその真髄であるクラフツマンシップと独創的なクリエイティビティを常に兼ね備えています。マチューの就任により、ボッテガ・ヴェネタの核となる価値観を保持しつつ、ブランドの現代性をさらに高め、成長を加速させることができるでしょう」。

そしてケリング会長兼CEOフランソワ=アンリ・ピノーは、「ボッテガ・ヴェネタの極めて強固な基盤、特定の文脈、独自のアイデンティティによって、私たちはこのラグジュアリー・ブランドの将来に向けて大きな野望を抱くことができます。マチュー・ブレイジーの豊富な経験と幅広い文化的背景が、ボッテガ・ヴェネタのレガシーを引き継ぐ任務にクリエイティブな力を与えてくれると確信しています」。

2022年の2月に、ボッテガ・ヴェネタでのファーストコレクションの発表を予定している。

Text:Hiroko Koizumi

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する