People / Post

アンジェリーナ・ジョリー、自分の映画はほとんど観ていない!

©Bang Media International
©Bang Media International

アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)は、自分は「ひどい批評家」だとして自身が出演した作品をあまり観ていないそうだ。

数々のハリウッド大作に出演してきたアンジェリーナは、ポッドキャスト番組『スモールズィーズ・セレブリティ・スモール・トーク』に出演した際、鑑賞するよりも「製作過程」が好きだとして、「観たことがない自分の映画が結構あるわね。私はプロセスが好きなのよ」「映画を観るとたいてい、思っていたのと違っているからイライラするの。私はひどい批評家なのよ」と語った。

大きなスクリーンで自分を観ることには抵抗があるというアンジェリーナだが、リチャード・マッデン、ジェンマ・チャン、サルマ・ハエック、クメイル・ナンジアニと共演しているマーベルの新作映画『エターナルズ』は例外だそうで、「これは観たわ。この作品は楽しんで見た」と続けた。

一方で、マドックス(20)、パックス(17)、ザハラ(16)、シャイロ(15)、双子のヴィヴィアンとノックス(15)と6人の子供を持つアンジェリーナは、子供達がマーベル映画の大ファンであるため、それについては熟知しているという。「私には6人の子供がいるから、しばらくこの世界にいたことになるわね」

ロサンゼルスで開催された同作のプレミアに母親を伴って参加した子供たちは、ザハラがアンジェリーナが2014年のアカデミー賞で初めて着たシルバーのスパンコールがあしらわれたエリー・サーブのドレス姿で登場するなど、母親のクローゼットにあった服を着て出席、これについてアンジェリーナは、「子供たちは、全てヴィンテージと私が以前オスカーで着たドレスのミックス。ヴィンテージと私の古いものをアップサイクルしたの」と話した。

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する