Art / Post

東京の新アートイベント「アートウィーク東京」開幕

フィリダ・バーロウ 『アンダーカバー 2』 (2020年) 展示風景:「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人」 森美術館(東京) 2021年 Courtesy: Hauser & Wirth photo:古川裕也 画像提供:森美術館
フィリダ・バーロウ 『アンダーカバー 2』 (2020年) 展示風景:「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人」 森美術館(東京) 2021年 Courtesy: Hauser & Wirth photo:古川裕也 画像提供:森美術館

東京に息づく現代アートを世界に向けて発信する、今年初開催のプロジェクト「アートウィーク東京」が、2021年11月4日(木)〜7日(日)まで開催。美術館とギャラリーを結ぶ4つのルートを巡回する「アートバス」も毎日運行される。

photo by Katsuhiro Saiki
photo by Katsuhiro Saiki

「アートウィーク東京」は、国際的に活躍するギャラリーから新世代のアーティスト・ラン・スペースまで、都内50カ所のギャラリーと美術館などが集い協働する、かつてない規模のアートイベント。現代アートを牽引してきた森美術館、東京国立近代美術館、東京都写真美術館、ワタリウム美術館や、スカイザバスハウス、ギャラリー小柳、カイカイキキギャラリーなど、東京を代表する美術館やギャラリーが参加する。

Installation view of Wahab Saheed’s exhibition “SOME DAYS ARE DIAMOND,” NANZUKA UNDERGROUND, 2021 ©Wahab Saheed, courtesy of Nanzuka
Installation view of Wahab Saheed’s exhibition “SOME DAYS ARE DIAMOND,” NANZUKA UNDERGROUND, 2021 ©Wahab Saheed, courtesy of Nanzuka

会期中には、美術館とギャラリーを結ぶ4つのルートごとに異なる作品を乗せた「アートバス」が運行。自由に乗り降りできるパスを購入すると、車内では特別企画「都市を巡る声」のもと制作された、4組のアーティストによる作品を体験しながらアートスポットを巡回することができる。「アートバス」のルートマップなど、詳細は公式サイトをチェック。

また、オルタナティブなアート教育を担ってきた非営利グループ「アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT)」が、日本現代アートの美術史的文脈やその楽しみ方に焦点をあてたオンライントークシリーズを公式YouTube チャンネルにて配信中。

大竹伸朗 『残景 1』 (2019年) © Shinro Ohtake, courtesy of Take Ninagawa, Tokyo, photo by Kei Okano
大竹伸朗 『残景 1』 (2019年) © Shinro Ohtake, courtesy of Take Ninagawa, Tokyo, photo by Kei Okano

東京の街中に広がるアートスペース、そこで発表されるそうそうたる顔ぶれのアーティストたちの作品を、どうぞお見逃しなく!

※掲載情報は11月2日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

「アートウィーク東京」
会期/2021年11月4日(木)〜7日(日)
会場/美術館6館・ギャラリー44軒
開館時間/10:00〜18:00
※東京オペラシティアートギャラリー、ワタリウム美術館は 11:00開館
URL/https://www.artweektokyo.com/

Text : Akiko Kinoshita

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する