Culture / Post

aespa 初ミニアルバム『Savage』で待望のカムバック。ついにBlack Manbaと対決!?

韓国大手芸能事務所のSM ENTERTAINMENTに所属する4人組新人ガールズグループ「aespa(エスパ)」が10月5日に1stミニアルバム『Savage』をリリース。韓国で記者会見を開き、パワーアップした姿を披露した。

01 | 04

「自分のもうひとつの自我であるアバターと出会い、新しい世界を体験する」をコンセプトに『Black Manba』で華々しくデビュー。今年の5月にリリースしたデジタルシングル『Next Level』では、YouTubeの再生回数が1億回を超え、韓国の音楽ランキングで1位を獲得した。注目が集まるなか、今回の1stミニアルバムの先行注文では40万枚を突破し、リーダーのカリナは「予想以上の熱い反応を予想していなかった」と驚きを隠せない様子。ジゼルは「ミニアルバムに向けてたくさん準備したので、パワーアップした姿を楽しみにしていてください」と期待感をあおった。

『Next Level』ではBlack Mamba(ブラックマンバ・世界を脅かす巨大な蛇)を探すためにKWANGYA(クァンヤ・アバターが住む仮想世界)に旅立ったが、今回はKWANGYAで繰り広げられるストーリが描かれている。KWANGYAでついにBlack Mambaと対面し、aespaを助けてくれるnaevis(ナビス)が本格的に登場。デビュー曲からの伏線を辿って、まるで映画のような壮大なストーリーを観ている感覚に陥る。MVにはアニメーションも登場し、aespaらしいネオカルの要素が満載だ。

また今回の注目ダンス“ツツツツ”についてカリナは「残念なときに“ツツツツ”といいますよね。なのでBlack Mambaに対して、あなたは私に及ばないわよ、残念ね。というニュアンスを込めました」と説明。ニンニンは「今回はBlack Mambaと立ち向かう強い姿をお見せする曲なので、振り付けに余裕がありながらもパワフルな姿を見せたいと思いました」と紹介した。

『Savage』のコンセプトが一番似合うメンバーという質問にについて、メンバー全員のコンセプトの消化力にお互いを褒め合う場面も。

カリナ:「今回は特にウィンターが黒髪のボブにチェンジし、ぴったりだと思います」
ウィンター:「あえて一人をあげるとしたらニンニン。表情がとても豊かなので、この曲を本当にうまく表現していると思います」
ジゼル:「カリナは今回の衣装のコンセプトがよく似合っていて、スタイリングもメイクも新しいものにトライしたんですけど、メンバーみんなとても似合っていると思いました」
ニンニン:「カリナお姉さんはワインレッド色に髪を染めたんですけれどすごく似合っていますよね。ウィンターお姉さんはボブにしたので全くガラリと雰囲気が変わりました。ジゼルお姉さんは今回ラップが最高でした」

アルバムにはタイトル曲『Savage』を含めた計6曲を収録。aespaならではの世界観やストーリーを楽しむことができるのはもちろん、多彩なボーカルの魅力を感じることができる新曲がラインナップ。

また会見ではパフォーマンス映像も公開。続きを感じさせる終わり方で、次のカムバに期待が高まる。今後の彼女たちの活躍やストーリーにも注目していきたい。

そして、本日5日の20時からオンラインショーケースも開催。お見逃しなく!!

Text: Shiori Kajiyama

Recommended Post

Magazine

ec

DECEMBER 2021 N°152

2021.10.28発売

Street Up!

史上最強のスケボー愛

オンライン書店で購入する