Culture / Post

『マトリックス』第4弾のタイトルが明らかに

©Bang Media International
©Bang Media International

「マトリックス」シリーズ第4弾のタイトルは『ザ・マトリックス:レザレクションズ』となるようだ。

2003年作『マトリックス レボリューションズ』以来となるシリーズ最新作のタイトルが、ラスベガスで開催されているシネマコンでワーナー・ブラザースによって明かされた。

今回もラナ・ウォシャウスキーが監督と脚本の共同執筆を担う同新作の内容は明らかにされていないものの、発表された予告編では、キアヌ・リーブスが再演するネオが、カフェ内でキャリー=アン・モスのトリニティから「私達は会ったことある?」と質問されるシーンや、鏡に映ったネオの姿が老人となり、若き日のモーフィアスから「飛ぶ時が来た」と言われるシーンなどがみられた。

一方で1999年作『マトリックス』からネオ役を演じてきたキアヌは、同シリーズが自ら人生に多大な影響を与えたとして、「最初の『マトリックス』は、自分を超えた何かだと感じたよ。…『「マトリックス」が人生を変えた』っていう文章を聞くけど、『ありがとう。僕のも変えてくれた』って僕は言うね」と語っている。

『ザ・マトリックス:レザレクションズ』は今年12月に全米公開予定となっている。

 

 

Photo: Banshowbiz

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する