People / Post

カミラ・カベロ、孤独な時期を経て築いたテイラー・スウィフトとの強い絆

©Bang Media International
©Bang Media International

カミラ・カベロ(Camila Cabello)は、若い頃「友達が一人もいなかった」そうだ。

仕事のスケジュールがぎっしり詰まっているため、これまで強い友情を築くことが出来なかったという。

カミラはこう語る。「私は15歳から仕事をしていて移動ばかりだったから、友情を育む土壌を作るのがとても大変だったの」「人と親しくなるのが難しいのよ」

アリー・ブルック、ノーマニ、ローレン・ハウレギ、ダイナ・ジェーンとともにフィフスハーモニーのメンバーだったカミラは、2016年に同チャートトップグループを脱退したが、バンドに所属していた時もオフの時間は母親と過ごす事が多かったそうで、バッスル誌にこう語っている。「(私と母は)仕事が終わるといつも夕食に行ってたわ。一緒にお寿司を食べに行ったり、散歩したり。いつも母と一緒。多分行き過ぎっていうくらいにね。だけど、私には友達が一人もいなかったから」

そんなカミラは、2018年のテイラー・スウィフトのレピュテーション・ツアーでオープニングを務め、その後2人は強い絆を築いたそうで「テイラーはいつもとても親切にサポートしてくれて、アーティストとしてのアドバイスをしてくれる」「彼女は友情や人間関係を最も重要なものとしてとらえていて、その種に勇気を持って水を与えてくれるのよ」と話す。

またカミラは、テイラーがどんなに忙しくても、いつも時間を割いて話しかけてくれることに感謝しているという。「彼女はすごく忙しいのに、いつも私のメッセージに返信してくれる。私はそういうのが苦手で返信すらしないわ。ちゃんと皆に返信するって言う意思が必要ね」

 

 

Photo: Bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する