Art / Post

ホンマタカシの名作写真集 完全版の刊行記念展

©︎Takashi Homma
©︎Takashi Homma

写真家・ホンマタカシによる写真集『Tokyo and my Daughter』完全版の刊行を記念して、東京の2会場で展覧会が開催。恵比寿のPOSTで2021年7月18日(日)まで、原宿のユトレヒトは7月11日(日)までの会期で行われている。

日本を代表する写真家の一人、ホンマタカシ。小誌「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」でもファッション撮影や2021年1・2月合併号(11/27発売)の「写真のチカラ」特集への作品提供(※1)のほか、小誌主催のオンラインサロンも話題を呼んだ(※2)。

(※1)参考記事:Numero.jp「ホンマタカシが見た東京2020」
(※2)参考記事:Numero.jp「ホンマタカシさんから学んだ『いい写真』について」

そのホンマが、スイスのインディペンデントパブリッシャー「Nieves」より2006年に刊行した作品集『Tokyo and my Daughter』の完全版がこのたび発売され、同タイトルの個展が開催されている。

©︎Takashi Homma
©︎Takashi Homma

ホンマタカシ『Tokyo and my Daughter』 カバー写真
ホンマタカシ『Tokyo and my Daughter』 カバー写真

作品集『Tokyo and my Daughter』は、東京とそこに暮らすひとりの少女の成長記録であり、1999年より始動したプロジェクトに基づくもの。タイトルを「my Daughter」としつつも、カメラで捉えた少女は友人の娘だという。日々変わりゆく風景、成長する“娘”との距離感の微細な変化を切り取った本作は、ホンマの名作として国内外で知られている。

その完全版の刊行記念として開催される本展は、”Tokyo”と”my Daughter”をテーマに東京の2会場で開催。展示内容はそれぞれ異なり、POSTでは、『Tokyo and my Daughter』のオリジナルプリントの展示販売とスライドのインスタレーション、ユトレヒトでは、2020年の緊急事態宣言下における“東京の風景”を軸にしたインスタレーションが行われる。

ぜひ、2会場を巡って楽しんでみてはいかが。

 

※掲載情報は6月30日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

ホンマタカシ 「Tokyo and my Daughter」
会期/2021年6月22日(火)〜7月18日(日)
会場/POST
住所/東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
料金/無料
時間/11:00〜19:00
休館/月
TEL/03-3713-8670
URL/post-books.info/

会期/2021年6月22日(火)〜7月11日(日)
会場/ユトレヒト
住所/東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
料金/無料
時間/12:00〜19:00
休館/月
TEL/03-6427-4041
URL/utrecht.jp/

Text : Manami Abe

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する