People / Post

ビリー・アイリッシュ、アジア人差別の動画について釈明

©Bang Media International
©Bang Media International

ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)が、自身のアジア人差別動画に対して、謝罪声明を発表した。

2011年のタイラー・ザ・クリエイターの曲『フィッシュ』を聴きながら10代前半のビリーがアジア人をからかうような言葉を口にしている動画が流出した件で本人がインスタグラムストーリーを通して釈明したかたちだ。

声明はこう始まる。「皆のことを愛している。多くの人から今回のことについてちゃんと話すように言われている。私に貼られているレッテルは自分じゃないからここで話したいと思う。13歳か14歳の頃の私を編集した動画が出回っていて、ある歌からの歌詞を私は口にしている。当時私はそれがアジア人コミュニティの人々に対する蔑称とは知らなかった。愕然として恥ずかしいし、その言葉を発した自分に吐き気がする。あの言葉を聞いたのはこの曲が初めてだった。家族の中で誰も使ってる人がいなく知らなかったから。でも当時の私の無知さや年齢は、人を傷つけてしまった事実の言い訳にはならない」

そしてアジア人なまりの英語を真似たような箇所がある動画についてビリーは、「編集された別のビデオでは私が意味のない言葉を発しながらふざけているけど、これは誰かやその言語、アクセント、文化を物真似したものでは決してない。私の知り合いは私が昔からずっと、声を使ってふざけるのを知っているはず」と続けた。

そして誰かを傷つける意味は全くなかったとしてビリーはこう締めていた。「その解釈が何であれ、私は自分の行動で誰かを傷つけるつもりはなく、今これを聞いた人々に痛みが生まれていることに私の心は深く傷ついている。自分のプラットフォームを使い、包括、親切、寛容、平等について私は懸命に動いてきた。誰もが会話を続け、耳を澄まし、学ばなければならない。私はあなたたちのことを聞く。愛している」

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する