Culture / Post

【プレゼントあり】ドキュメンタリー映画『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』

映画『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』が2021年6月25日より劇場公開となる。自宅の寝室で曲を書きあげていた少女が、いかにして 550億回以上の楽曲ストリーミング再生回数、1 億3700万人ものSNSフォロワーを獲得し、世界の音楽界を席巻するアーティストになったのか。その軌跡を明らかにする初のドキュメンタリー映画をレビュー。

デビュー前から現在に至るまで、ビリー・アイリッシュの素顔をとらえた初のドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』。13歳のあどけないビリーが自宅で「Ocean Eyes」を歌うシーンから始まるこの2時間20分の映画は、世紀のスーパースター、現在19歳のビリー・アイリッシュの2018年から2020年初頭までの映像を軸に、ビリーの過去と現在と未来を映し出す内容となっている。至近距離からビリーを長時間捉えた貴重な映像の数々。なぜビリーは瞬く間にティーンの代弁者のみならず、世界中の注目を集め、時代の絶望を描くと同時に、未来への希望となり得たのか──。

2018年、ビリーのライブ会場の周辺には熱狂的なファンが大勢待ち構えている。彼女たちに駆け寄り、ハグをして応えるビリー。「私にとって彼らはファンじゃない。彼らは私の一部なの」。自分と同様の絶望を抱えたティーンの心を理解し、自らがアートに救われてきたのと同様に、自らのアートは彼女たちの絶望を救うことができるということを既に知っていることがわかる。そんな使命感の裏には、楽曲制作の唯一無二のパートナーである兄・フィニアスに向かって「うまく歌えない。才能がない」と嘆く等、人間臭い苦悩も当たり前のようにある。

デビューアルバム『WHEN WE ALL FALL ALEEP, WHERE DO WE GO?』がリリースされ、37カ国のチャートで1位を取り、さらなる注目が集まる中でコーチェラのステージに臨むビリー。そこで失敗してしまうことが夢に出てくる程の重圧を感じる中、バックステージに当時の恋人であるQことラッパーの7:AMPが現れ、安堵の表情を浮かべる。だが、スタート時間になっても、スクリーンの不調等のトラブルにより、なかなかライブが始められない。自分は幸運にもあの場にいて間近でライブを観ることができたのが、30分以上押して始まったビリーのパフォーマンスは、歌詞を飛ばすといったハプニングはありながらも、今か今かと待ち続けたオーディエンスのフラストレーションを瞬時に吹き飛ばす非常にパワフルで堂々としたものだった。しかし当のビリーは「最悪の出来」と落ち込み、家族に慰められる。追い打ちをかけるようにQから「今は会いに行けない」と電話で告げられ、スマホを投げつける姿も。デビューアルバムが最大級の成功を収めた直後の世界最大級のフェスのステージ裏ではこんな出来事が起きていたのだ。

一方、その翌日のコーチェラでは、「妄想の中では付き合っていた」程に想いを寄せていたジャスティン・ビーバーとの初めての邂逅が実現する。ジャスティンとの繋がりは、本作において大きな感動をもたらす要素である。心底嬉しそうに初対面を噛みしめるビリーに対し、両親とフィニアスは最上の愛情をはらんだ言葉の数々を口にする。その後、ジャスティンからのメッセージをビリーが読み上げる流れは感涙ものだ。ひとりの少女が家族のサポートのもと、時代を動かす楽曲を生み出し、それが同様に若くして世界的なスターとなった初恋の人に届き、その存在と才能と姿勢を称賛するメッセージが送られる──。

ライブ後に押しよせる誰だか知らない関係者の波にストレスを爆発させる姿も、Qへの未練を隠さない姿も、ステージ上からつるされたベッドの上で「i love you」を歌いながら涙がこみあげる姿も──苛立ちも孤独も苦悩も生々しく映し出されるが、ビリーはプレゼントされた愛車を運転しながら、「Life is good」と微笑みながら口にする。ラストに流れるのは世界がコロナ禍のドン底に突き落とされていた2020年7月にリリースされた「my future」。「I’m in love with my future/can’t wait to meet her」と歌うこの曲は、我々にもビリー・アイリッシュがいる未来を愛する力を与えてくれる。

『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』

監督/R・J・カトラー
出演/ビリー・アイリッシュ、フィニアス・オコネル、パトリック・オコネル、マギー・ベアード 他
2020 年/アメリカ/140 分
2021年6月25日より新宿ピカデリー他、全国ロード―ショー。IMAX®も限定上映!
https://www.universal-music.co.jp/billieeilish-theworldsalittleblurry/

提供/イーストワールド・エンタテインメント 配給/シンカ
©2021 Apple Original Films
IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.

抽選で3名様に特製缶バッジをプレゼント!

『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』の劇場公開を記念して、アンケートにお答えいただいた方の中から3名様に、特製缶バッジをプレゼント。バッジのサイズは直径約36mm(編集部調べ)。ぜひご応募を!

プレゼント応募はこちらから

Text:Kaori Komatsu Edit:Chiho Inoue

Recommended Post

Magazine

ec

DECEMBER 2021 N°152

2021.10.28発売

Street Up!

史上最強のスケボー愛

オンライン書店で購入する