People / Post

ティモシー・シャラメ、『チャーリーとチョコレート工場』のウィリー・ウォンカ役に!

©Bang Media International
©Bang Media International

ティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet)が、『チャーリーとチョコレート工場』前日譚にウィリー・ウォンカ役で出演する。

ここ数カ月ティモシーが同役を演じるという噂が浮上していたが、今回デッドラインがティモシーがワーナー・ブラザースによる新作『ウォンカ』に主演することを報じたかたちだ。

ティモシーは、ロアルド・ダールが1964年に発表した児童書『チョコレート工場の秘密』に登場する前の発明家ウィリー・ウォンカの若き姿を演じる。

『ウォンカ』では、チョコレート工場を始める前のウォンカの冒険が描かれるそうで、ミュージカル的要素があることからティモシーが歌ったり踊ったりする姿も見られるようだ。

『パディントン2』のポール・キングが監督並びにサイモン・ファーナビーと脚本も共同執筆する一方、デビッド・ハイマンが製作を担う。

ティモシーはウィリー・ウォンカ役を演じる3人目の俳優となる予定で、1971年の『夢のチョコレート工場』ではジーン・ワイルダーが、2005年のティム・バートン監督による『チャーリーとチョコレート工場』ではジョニー・デップが同役を演じている。

『ウォンカ』は現在のところ、2023年3月に公開予定となっている。

 

Photo: Bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

DECEMBER 2021 N°152

2021.10.28発売

Street Up!

史上最強のスケボー愛

オンライン書店で購入する