Food / Post

ルーフトップレストラン「THE UPPER」 “春の旅”をイメージした新メニューは要チェック!

“旅と自然”をテーマとするルーフトップレストラン「THE UPPER」。2020年11月に「丸の内テラス」9・10階の2フロアにプレオープンし、この春にグランドオープンが決定した。

9階は静寂をテーマに、落ち着きの自然素材とダークカラーを基調にしたエレガントな空間に。10階は活気をテーマに、太陽の光が降り注ぐ明るいテラスが特徴のモダンな空間が広がっている。

この春、さらにパワーアップした「THE UPPER」の新メニューも見逃せない。
暖かな陽の光を感じる“春の旅”をテーマとし、ランチメニューは「中東への旅」、ディナーメニューは「福島への旅」として洗練されたメニューが揃う。

ランチメニュー「中東への旅」では、肉料理と魚料理の2品を用意。肉料理は、3種類のスパイスを使いマリネ液につけた交雑牛と、春キャベツ、つぼみ菜、新玉ねぎなどの春野菜を串に刺してじっくりグリルしたもの。ひよこ豆の濃厚なフムスと、パクチーやイタリアンパセリ、クミンパウダーなどを混ぜ合わせたハリッサソースの2種類ソースとともに。

交雑牛シシカバブ ハリッサソース¥2,780
交雑牛シシカバブ ハリッサソース¥2,780

魚料理は、中東料理で多く使用されるパクチーやクミンなどのスパイスと魚のアラ、新昆布を使用した日本料理の奥深い味わいの出汁を融合した新感覚の鮮魚スープ。そして旬の銀ダラをサクふわな衣で包んだフリット。口に入れた瞬間のスパイスの香りと食感は、想像しただけでも絶品だ。

季節野菜と鮮魚のスープ 銀ダラのフリット¥2,780
季節野菜と鮮魚のスープ 銀ダラのフリット¥2,780

次にディナーメニュー「福島への旅」では、THE UPPERヘッドシェフ徳島氏の思いをたどり、彼の故郷である福島の“冬の終わり”から“春の訪れ”を具現化した料理が並ぶ。春を感じさせるごごみやふきのとうなどの食材を使用し、「アミューズ①:雪解け」「アミューズ②:芽生え」「前菜:新緑」「メイン:春光」「〆物:ふき」「グランデセール:苺」「ミニャルディーズ:東京」と、コースが進むにつれて冬の終焉から早春のストーリーを堪能することができる。

THE UPPER ディナーコース¥8,800
THE UPPER ディナーコース¥8,800

遠方への旅行が難しい今だからこそ、食の旅がいつもとは違ったスペシャルなものになる。THE UPPERでその時間を堪能してみてはいかが。

THE UPPER(アッパー)
住所/東京都千代田区丸の内 1-3 丸の内テラス 9F、10F
TEL /03-5962-9909
営業時間/ランチ11:30~14:00(L.O.)、ティータイム14:30~15:00(L.O.)
ディナー/17:30~22:00(L.O.)※コースは20:30(L.O.)
定休日/月
※新型コロナウィルスの影響により、営業時間短縮になる場合がございます。詳しくはHPをご覧ください。

Text:Saki Shibata

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する