Food / Post

アート×スイーツを満喫! 東京エディション虎ノ門×「Delvaux」のアフタヌーンティー

東京エディション虎ノ門とベルギー発のラグジュアリーレザーグッズメゾン、デルヴォー(Delvaux)がコラボレーション! ベルギーが誇るシュールレアリスムの巨匠、ルネ・マグリットに敬意を表したデルヴォーの新作バッグ「マグリットコレクション」を記念して、アートなアフタヌーンティーを開催する。

2021年4月5日(月)から5月9日(日)までの期間限定で、東京エディション虎ノ門31階の「ロビー バー」ではデルヴォーの「マグリットコレクション」とルネ・マグリットの作品を象徴するモチーフや色使いに着想を得た「デルヴォー アフタヌーンティー」を開催。

セイボリーはマグリットの絵画に頻出する青リンゴにインスパイアされた爽やかなグリーンが特徴。キュウリとミントのガスパッチョからアスパラやホウレンソウ、グリーンピースを使ったカナッペやサンドイッチまで、美しい色と深い塩味が堪能できる。ところどころにリンゴを潜ませており、塩味と酸味、甘味の絶妙なバランスはルイナールのシャンパーニュとも相性抜群だ(メニューはティーとのセットとルイナールのシャンパーニュ1杯がつくセットの全2種類)。

スイーツはデルヴォーの「マグリットコレクション」のキーインスピレーションとなっている絵画を、東京エディション虎ノ門流に洗練されたビジュアルと味わいで再現。例えば、マグリットを象徴するリンゴとボウラーハットを模したチョコレートムース、その名も「ボウラーハット」。チョコレートがベルギー産なのもポイントだ。

そのほか、マグリットの作品に登場する雲をベルギー生まれの焼き菓子、スペキュラースとホワイトチョコレートで表現した「帰還」や同名の作品にインスピレーションを受けた「仮面のリンゴ」など、アートな遊び心を盛り込んだスイーツが全5種類登場。もちろん、“映え”度も満点! プレーンとアップルレーズン、2種類のスコーンとともに“おいしい”昼下がりを満喫できる。

東京エディション虎ノ門とデルヴォーが創りあげる、味覚と視覚、そして知的好奇心を刺激してくれるこれまでにないアフタヌーンティー。ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく。

デルヴォー アフタヌーンティー アット 東京エディション虎ノ門
提供期間/2021年4月5日(月)~5月9日(日)
提供場所/ロビー バー(31F)
時間/12:00〜17:00(16:30L.O.)
料金/ティーセレクション¥5,500、グラスシャンパン¥7,800(税・サ別)

東京エディション虎ノ門
住所/東京都港区虎ノ門4-1-1
TEL/03-5422-1600
URL/www.marriott.co.jp/tyoet

Text : Naoko Monzen

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する