Art / Post

ライゾマ×若手アーティスト 会場とウェブで新作発表

デジタルクリエイションの最前線を行くクリエイティブ集団「rhizomatiks(ライゾマティクス)」と、若手アーティスト4名が、超大型3画面プロジェクションに挑戦する展覧会「ENDLESS IMAGINARY」を開催。東京・お台場のパナソニックセンター東京にて2021年4月1日(木)〜4日(日)、特設オンライン会場でも公開される。

現在、東京都現代美術館で開催中の大規模個展(※1)も話題を呼ぶライゾマティクス。次世代を担うクリエイターの育成支援を積極的に行ってきた彼らが、このたび、公募で選出した20代のアーティスト奥山裕大、浪川洪作、細野竜矢、劉宇湖とともに、新作大型プロジェクション作品を発表。

(※1)参考記事
Numero.jp/ライゾマティクスの個展が東京都現代美術館で開催

ライゾマティクスの真鍋大度と石橋素がサーベイやリサーチのフォロー、制作ツールの共有、そしてインスタレーション化をサポートし、若手アーティストたちが大空間で大量のプロジェクターを使用したインスタレーションを実現。

素材には、演出振付家MIKIKO率いるダンスカンパニー「ELEVENPLAY」 のダンサーのモーションキャプチャデータと、グリーンバックで撮影した映像を使用。会場に設置した、超大型3画面プロジェクションで没入感のある作品を展開する。
また、大迫力のリアル会場に加えて、特設オンライン会場も立ち上げ。こちらは4月1日(木)10:00から、リアル会場での展示終了後も28日(金)23:59まで公開される。

常に技術と表現の新しい可能性を模索し続け、国際的な舞台で作品を発表し続けるライゾマティクスが、次世代に開かれた創発・創出の環境を提案する本展。どうぞご注目を!

※掲載情報は3月30日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

「ENDLESS IMAGINARY」
会期/2021年4月1日(木)〜4日(日)
会場/パナソニックセンター東京
住所/東京都江東区有明3-5-1
開館時間/10:00〜18:00
料金/一般 ¥1,000、25歳以下 ¥500
※未就学児無料
※1回につき49名までの入場制限あり
URL/https://rhizomatiks.zaiko.io/

特設オンライン会場
会場/https://rhizomatiks.zaiko.io/
会期/2021年4月1日(木)10:00〜28日(金)23:59
料金/¥500

真鍋大度×若手アーティストand more トークイベント
日時/2021年4月2日(金)
会場/特設オンライン会場内 https://rhizomatiks.zaiko.io/
料金/¥500
※チケットは上記サイト内で販売

Text : Akiko Kinoshita

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する