People / Post

メーガン妃が衝撃の告白「息子の肌の色を懸念された」

©Bang Media International
©Bang Media International

メーガン妃が、長男の「肌の色の濃さ」について王室内で懸念があったことを明かした。

現在1歳10か月になるヘンリー王子との息子アーチー君が「王子」の称号を与えられなかった理由の一つに、肌の色があったという。

メーガン妃はヘンリー王子と共に臨んだオプラ・ウィンフリーとのインタビューでこう話す。「彼と家族の間でそういった会話がありました。彼らは私の子供を、性別もわからないままに王子もしくは王女にしたがらなかったのです。慣例とは異なることで、警護もつかないとのことでした」「妊娠の数か月間に、『警護がつかない、称号もない』という会話と、生まれてくる子供の肌の色の濃さについての会話や懸念が平行してあったのです」

この告白にオプラが、「肌の色が濃すぎると問題になるという懸念があったのですか?」と尋ねると、「その仮定は概ね当たっています」とメーガン妃は答えた。

そして、その懸念を口にした英王室の人間について、直接の名前は伏せたいとして、メーガン妃は「(告白すれば)彼らは多大な被害を被るでしょう」と話し、ヘンリー王子も「それについては話したくありません」と続けるも、王室内であったその会話に驚いたとして、「あの会話について、私が明かすことはないでしょう。当時は気まずく、多少のショックを受けました。最初に、『自分の子供の外見がどうなるのか?』でしたから」「結婚する前から、それが非常に困難なものになるという明らかな兆しがありました」と明かした。

現在お腹の中に女の子がいるメーガン妃だが、アーチー君を妊娠していた当時をこう回想する。「彼を王子もしくは王女にしたくない。彼には警護がつかない。これが私の妊娠後期の数か月間に起こったことです。『ちょっと待ってください』と私は思いました」「彼を王子にしないでくださいと言っているのではありません。しかし称号が与えられないということは、警護に影響します。私たちの息子は安全でいる必要があります」「息子の安全はない、家族の中で初めての有色のメンバーには他の孫たちと同じ称号が与えられないのです。当時の会話には、君主の孫であるなら、アーチーや私たちの次の赤ちゃんは自動的に王子か王女となる、というのがありました。彼らにそれを取り上げる権利などありません。しかし私が妊娠していた時、彼らはそれを取り上げたいと言った。なぜでしょう?」

また、同番組でメーガン妃は、ヘンリー王子との関係や王室内での自身の役割などに関して公に詮索されている間、自殺も脳裏によぎり夫に相談したと衝撃の告白をしている。「当時、本当に恥ずかしく思っていましたから言えませんでした。ヘンリーに言うのは、彼が(母ダイアナ妃の死で)どれだけ苦しんだかを知っていましたので特にですが、言わないと私は(自殺を)やってしまうと思いました。これ以上生きていたいと思わなかったのです。とても明確で真に迫った恐ろしい考えが続いたのです」

さらに、英王室のスタッフに助けを求めたところ、非情な対応を受けたそうで、「私は王室の機関に相談し、どこか助けがもらえる場所に行きたいと話しました。こんな気分になるのは初めてだから、どこかで診てもらいたいと。するとそれは無理だと言われたのです。王室機関としてよろしくないと」「このことを明かした理由は、助けが必要だと叫ぶことを恐れる人々がたくさんいるからです。そして私は個人的に押し黙ること、そして口にした時でも『ノー』と言われてしまうことが、どれだけ辛いかを知っています」と明かし、「人事部にも相談に行きましたが、『お辛いことでしょう。大変な状況にあることは分かりますが、あなたは有給雇用ではありませんので、私たちが出来ることは何もないのです』と言われました」と続けた。

そんな驚愕の事実を明かした2人だが、妊娠中の女の子についてヘンリー王子は、「素晴らしいことです。とても感謝しています。子供を持つということは1人だろうと2人だろうと素敵なことです。しかし男の子の後に女の子、これ以上望むものがあるでしょうか?私たちには家族がいる。4人と2匹の犬。この上ないことです」と喜びを語り、そこでオプラが子供は2人で充分かと聞くと、「完了です」とヘンリー王子、メーガン妃も「2人でいいです」と続けた。

そんな2人の待望の女の子は今年の夏誕生予定だ。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する