People / Post

セレーナ・ゴメス、グーグル検索で自身のファッション・チェック

©Bang Media International
©Bang Media International

セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)は、自身のファッションを振り返る際、グーグル検索をするそうだ。

時折「ゾッとする」ような服を着ている写真を見かけるとドン引きしてしまうと同時に、それを着ていた時は「イケてる」と思っていたことも理解しているという。

ビューティー情報サイト「イントゥー・ザ・グロス」のインタビューで、セレーナは「時々、自分をグーグル検索をして、去年何を着ていたか見てみるの。変なものを着てる時はがっかりしちゃうけど、インスタント年鑑があるのはいいものよ。ああ、でも、前に一度、『ティーン・ヴォーグ・ヤング・ハリウッド』のパーティーで『Hotter than (よりもっと熱い)』とか何とか書かれたTシャツに、ベルトと、妙な網タイツを履いたことがあって、酷い格好だったわ。髪には青のポイントエクステをつけてて。鏡を見た時に、『イケてる』って思ったのを覚えてるわ。いい感じだと思えたことは凄いことよ。でも今見たら、ゾッとするわね」と話した。

そんなセレーナは、着ているもので自分が「ハッピー」と感じられることが重要だと考えているそうで、「自分をハッピーにするという目的以外で、何かを着ることはないわ。だから、ドレスアップが大好きだし、新しいことに挑戦するのも好き。音楽にも常に刺激を受けてるわね。照明によって、もの凄く見栄えがするキラキラしたデコレーションの大胆な格好もやってみれる。22歳の時はおそらく16歳の時とは同じ格好をしないだろうから、『スタイルを定義する』必要はないと思う。多分、一年ごとに定義づけることはできるだろうけど、それくらいよ」と説明した。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する