People / Post

ダコタ・ジョンソン、一生セラピーを続ける予定!?

©Bang Media International
©Bang Media International

ダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson)は、一生セラピーを続けるつもりだそうだ。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』で知られるダコタは、コロナ禍のロックダウン生活中、「オンラインの心理学コース」を取っているそうで、「人間というもの」についての理解を深めることがとても楽しいことから、これからもずっとセラピーを続けていこうと考えているそうだ。

『ザ・ドリュー・バリモア・ショー』の出演時、ダコタはこう話す。「私は幸いにも、勇気づけてくれて、自分を掘り下げさせてくれる人々に囲まれている。隔離生活の中、オンラインの心理学コースにすごくはまり出したの。私は大学には行かなかったけど、こういう素晴らしいコースを取ってね。これからの人生でもずっとセラピーを続けると思う。人間というものを学ぶことに終わりはないから」

そんなダコタは以前、『アワー・フレンド』の中で歌を歌うことになった際、あまりの緊張からパニック障害に陥ったそうで、「人前で歌うのってすごく怖い。しかも、私の顔が見えないシーンで歌う場面があった。カメラは私の後ろにあって、どうなっているのかも分からない中ね。しかもコミュニティシアターの舞台で歌わなければいけなかったの。それで、私の収録済みの歌声を流して『アクション』という声がかかった。そしたら、パニック障害の症状みたいなのが全部現れて、私はただ走り回り、笑いがとまらなくなった。クルーの人たちは『彼女、なにやってるんだ?』って感じだったわ。走り回り、笑い転げて、突然泣き出すといったね」と振り返っていた。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する