Art / Post

メゾン マルジェラのための河野富広のウィッグ展

ヘア&ヘッドプロップ・アーティスト/ウィッグメーカーの河野富広による作品集『Layered Personas』の出版を記念した企画展が、東京・渋谷のギャラリー(PLACE) by methodにて開催中。会期は、2020年12月4日(金)〜23日(水)まで。

展示風景より。 photo: Sayaka Maruyama
展示風景より。 photo: Sayaka Maruyama

今年3月、クリエイションあふれるヘア技術を1冊にまとめたウィッグ作品集『PERSONAS 111 – The Art of Wig Making 2017-2020』をニューヨークで発表。新型コロナウイルス感染症拡大によりブックローンチができない状況のなか、ステイホーム中でも楽しめるウィッグのARフィルターを公開し大きな話題を呼んだ。それに続く第2冊目の作品集として、メゾン マルジェラのコレクション・コード「Gendeless」を再解釈した『Layered Personas』を12月に発表。

河野富広は東京で美容師として10年のキャリアを経たのち、ロンドンやニューヨークでセッション・ヘアスタイリストとして活動。2010年にはロンドン・ファッション・ウィークで自身のコレクションを発表し、14〜16年のパリコレにおいてジュンヤ ワタナベ(JUNYA WATANABE)、コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)のヘア&ヘッドプロップディレクションを担当するなど多方面で活躍している。

展示風景より。 photo: Sayaka Maruyama
展示風景より。 photo: Sayaka Maruyama

近年はウィッグメイキングに集中的に取り組み、今年9月には“メゾン マルジェラ(Maison Margiela)が選ぶ5人のアーティスト”の一人としてオリジナルウィッグ作品集『Layered Personas』を発表。黒柳徹子、HYUKOH、フジコ・ヘミングらも河野が手がけるオーダーメイドのウィッグを愛用しているという。

本展では、作品集『PERSONAS 111』と『Layered Personas』に収められたウィッグ作品や、今回の展示のために新たに制作したアナログ版ARフィルター「Fun Fan」を紹介。会場では、作品集に加え、新作の「Fancy wig」も販売される。

「fancy wig」model:Layla
「fancy wig」model:Layla

クラフトマンシップが宿る色鮮やかな河野富広の作品を、ぜひ会場で体験してみよう!

※掲載情報は12月8日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

Tomihiro Kono 「Layered Personas」
会期/2020年12月4日(金)〜23日(水)
会場/(PLACE) by method
住所/東京都渋谷区東1-3-1 カミニート#14
開館時間/12:00〜19:00
休館日/日
URL/placebymethod.com@tomikono_wig

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する