Food / Restaurant

東京・代官山にレストラン「SNS CAFÉ TOKYO」がオープン。リサ・ラーソンとの限定コラボアイテムも!

スウェーデン・ストックホルム発のスニーカーショップ、スニーカーズエンスタッフ(Sneakersnstuff以下、SNS)は、2019年にオープンしたアジア初のショップ「SNS TOKYO」に併設して、レストラン「SNS CAFÉ TOKYO(以下、SNS カフェ)」を2020年11月14日(土)東京・代官山にオープンする。

世界各国のカジュアルなメニューを本格的な味わいで

タコス、季節のポタージュ(かぼちゃ)、コーヒー
タコス、季節のポタージュ(かぼちゃ)、コーヒー

メニューは、SNSの店舗がある世界各国の料理を日本のシェフがアレンジ。スウェーデンからはオープンサンドのスモーガス、ロサンゼルスからはタコスなど、カジュアルで気取らない、朝昼晩いつでも食べたくなるものばかり。フレンチ料理店で経験を積んだシェフが日本の食材で丁寧に仕上げており、本格的な味わいが楽しめる。

ハンバーガー、季節のポタージュ(かぼちゃ)
ハンバーガー、季節のポタージュ(かぼちゃ)

SNSが存在する7都市の食文化からインスピーレションを受けた「SNS シティープレート」から、ニューヨークをイメージしたハンバーガー(¥1,400)は、ジューシーで肉厚なパテ、ふわふわなバンズ、濃厚なチーズで食べごたえたっぷり。大きくカットされたポテトはカリカリ、ホクホク。細部にこだわりが感じられる一品。ほかにもタルトやケーキなどのスイーツや、ビールなどアルコールも。今後、ゲストシェフの誘致や季節ごとのメニューなどを随時追加していく予定。

北欧と日本のカルチャーを融合させたインテリア

インテリアは北欧と日本の文化を融合させたデザイン。店内のタイルやトレイなどに描かれたイラストは、スウェーデンのイラストレーターManderによるもの。船がナイキのスニーカーだったりなど、SNSならではの遊び心も忘れない。

世界中のSNSスタッフが影響を受けた音楽、本

店内にはSNSのカルチャーを楽しめるコーナーが盛りだくさん。壁にはSNS TOKYOオープン時の限定アイテムとして発売された、八村塁選手とのコラボスニーカー「エア・ジョーダン」ポスターなどを展示。

世界中のSNSスタッフがおすすめするCDを聴けるリスニングステーション。ヴァンパイア・ウィークエンドからスパイス・ガールズ、『アナと雪の女王』サントラまで幅広いラインナップ。

ブランドにインスピレーションを与えた本を集めた「SNSブッククラブ」。なかなか日本では目にすることのできない、スウェーデンのイラストブックなども閲覧できる。

リサ・ラーソンの招き猫⁉ 限定アイテムが揃うギフトショップ

レジ前のギフトショップでは、アパレルからハウスグッズまで、SNSブランド東京限定のアイテムが揃う。

特筆すべきは、スウェーデンを代表する陶芸家、デザイナーのリサ・ラーソンとSNSコラボの招き猫(¥14,000)! 世界で50個だけの限定品なので、リサ・ラーソンファンは迷わずゲットして。

スウェーデンの伝統工芸品、ダーラヘスト(¥6,600)もSNSオリジナルで登場。

最初の1ヶ月はソフトオープンとして11:00〜18:00の短縮営業。その後、朝や夜の営業もスタート予定。テラスとつながったオープンな店内はペット同伴も可能。Wi-fiやコンセント設備も整っているので、散歩の途中やPC作業、友達との団らんまで、いつでも気軽に立ち寄って。

SNS CAFE TOKYO
住所/東京都渋谷区代官山町13-1 代官山ログロード L2
TEL/03-6868-8802
営業時間/11:00〜18:00(※2020年11月現在の短縮営業時間。12月以降は公式ホームページで確認を)
URL/www.sneakersnstuff.com/en/stores/tokyo

Text:Mariko Kimbara

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する