People / Post

ドラコ役トム・フェルトン、『ハリー・ポッター』同窓会を企画中

©Bang Media International
©Bang Media International

トム・フェルトン(Tom Felton)が、「ハリー・ポッター」同窓会を企画しているという。

J・K・ローリングの小説を基にした同人気映画シリーズで、ハリー・ポッターと敵対するドラコ・マルフォイ役を演じたトムは、第1弾作品『ハリー・ポッターと賢者の石』の公開19周年を記念して、ダニエル・ラドクリフやエマ・ワトソン、ルパート・グリントなどの共演者を交えたオンライン上でのお祝いを計画しているそうだ。

「この前ウィーズリー家の双子(オリバーとジェームズ・フェルプス)に会ったよ。一緒にゴルフをしたんだ。多くのほかの奴らともワッツアップでしょっちゅう話をしているよ。連絡を取り合って、全てが大丈夫か確認するんだ」とトムは『エンターテイメント・トゥナイト』に話す。

「良いことに11月14日が19周年記念だから、オンライン上でどうにかお祝いができないかと考えている。昔の知り合いを皆集めて、この功績を称えたいと思っているんだ」またシリーズを通して演じたドラコ役が、悪役であったにも関わらずファンの間で今でも人気なのは嬉しいとして「彼は素晴らしいよ。彼という人間にはそれは多くの層があってね、誤解されがちだし、少し馬鹿なところもある」

「彼は大きなハグを必要としているんだ。人々は彼のことを哀れに感じて、少し愛情が必要だと思ってるのかも。どちらにせよ、僕はとても光栄に思っているし、その思いを満足させるべく全力を尽くすつもりさ」と続けている。トムはまた、ネットフリックス映画『ベビーシッターのモンスターハンティング・ガイド』でも悪役のグランギニョールを演じている。

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

April 2021 N°145

2021.2.26発売

Fun! Fun! Fun!

ファッションが足りない!

オンライン書店で購入する