Art / Post

瀧本幹也の展覧会が会期延長&オンライン展示スタート

瀧本幹也「CHAOS 2020」(妙満寺)の展示風景より。
瀧本幹也「CHAOS 2020」(妙満寺)の展示風景より。

写真家・瀧本幹也による展覧会が、日本最高峰のアート写真フェスティバル「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2020」の関連プログラムとして開催中。このたび、オンライン展示もスタートする。

瀧本幹也「CHAOS 2020」(妙満寺)の展示風景より。
瀧本幹也「CHAOS 2020」(妙満寺)の展示風景より。

京都の歴史的建造物や近現代建築を舞台に開催されている、国際的なアート写真フェスティバル「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2020」。そのアソシエイテッド・プログラムとして、写真家・瀧本幹也の二つの展覧会「CHAOS 2020」(洛北・妙満寺)と「LAND SPACE 2020」(祇園・Sfera)が開催中だ。

(関連記事) Numero.jp 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」の歩き方

この展覧会の会期が、10月18日(日)まで延長された。さらにリアル会場に加え、オンライン展示もスタートする。

瀧本幹也「CHAOS 2020」(妙満寺)の展示風景より。
瀧本幹也「CHAOS 2020」(妙満寺)の展示風景より。

広告写真や現代美術、映画、コマーシャルフィルムなど幅広い分野の撮影を手がけ、第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞、第39回日本アカデミー賞最優秀撮影賞をはじめ、第一線で活動を続ける写真家・映像作家の瀧本幹也。

妙満寺を舞台とした展示「CHAOS 2020」では、江戸時代より名園として名高い「雪の庭」から着想を得て、荘厳な大書院の空間を生かし、“雪”をテーマにした写真、映像作品、インスタレーションを展示。

ギャラリースペース・Sferaにおける「LAND SPACE 2020」では、原初の地球を表現した「LAND」と、最先端文明の象徴である宇宙産業を写し出した「SPACE」に未発表作品を加え、「LAND SPACE 2020」として発表。

瀧本幹也「LAND SPACE 2020」(Sfera)の展示風景より。
瀧本幹也「LAND SPACE 2020」(Sfera)の展示風景より。

さらに、二つの会場の展示を自宅にいながら体感できる、3Dデータプラットフォーム「Matterport」を使ったオンライン展示もスタート。バーチャル空間を駆使して、あたかも会場へ足を運んでいるかのような体験を提供する。

リアル会場でも、オンラインビューイングでも、瀧本幹也のビジョンが緻密に表現された、空間と作品の対話を堪能してみては?

※掲載情報は10月1日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

「CHAOS 2020」
会期/2020年9月19日(土)~10月18日(日)
会場/妙満寺 大書院
住所/京都市左京区岩倉幡枝町91
開館時間/9:00~16:30
URL/kyotographie.jp
オンライン展示/https://my.matterport.com/show/?m=WdMqfcnqj3T

「LAND SPACE 2020」
会期/2020年9月19日(土)~10月18日(日)
会場/Sfera
住所/京都市東山区縄手通り新橋上ル西側 弁財天町17 スフェラ・ビル 2F
開館時間/12:00~18:00
休館日/水、木
URL/kyotographie.jp
オンライン展示/https://my.matterport.com/show/?m=akTYGE7QKhD

Text : Akiko Kinoshita

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する