Art / Post

アート×5Gって!? 脇田玲の未来のアートの世界へ

さまざまな最先端技術を体感できる「ギジュツノチカラ」展が「Mixalive TOKYO」で開催。ソフトバンク株式会社による本展は、バーチャル技術展として特設サイト(2020年9月7日(月)〜公開)から360度の視点で見ることができ、まるで実際に会場を移動しているかのように楽しめます。

5Gから5Gの先の世界まで、先端技術での取り組みを「XR Live」「Digital ART」「6G」などのテーマごとに紹介。近い将来現実となる通信の未来が見えてくる。

通信ネットワーク拡張の挑戦である「HAPS」。無線基地局を搭載した無人飛行機(写真は10分の1スケールの模型)を成層圏に飛ばすことで、地上の広大なエリアに通信ネットワークを提供するというもの。もう電波が届かないなんてことがなくなる!?

スマホで撮影して配信までできる映像プラットフォームも紹介。誰でもどこでもライブ中継や動画制作から配信までが簡単に! 映像を合成したり、AI処理でリアルタイムにモザイク処理もできてしまうなんて驚き。

中でも脇田玲によるアート作品「Hidden Superb View – 隠された絶景」に注目。「ART × 5G」という新しいアートの形を見せている。
「“日常生活に隠された絶景”をテーマにしています。速度、密度、熱といった目に見えない自然界の要素を捉えようとした“空気の風景画”です」と脇田氏。

5GとMECサーバーを活用することで、複雑な計算処理を用いたアート表現が可能に。500万個にも及ぶ描画の色や形をスマホを使ってインタラクティブに鑑賞できるというもの。見るものによっては宇宙にも、ミクロの世界にも見えてくる。

「アートの方が自分の方に寄ってくるのです。自分の好きなパラメーターにすることでその世界に入り込むことができる。見る人によって全く違う体験ができるんです」。
作り方、鑑賞体験、アーカイブの方法までもが一新される「ART × 5G」の世界。
5Gによる未来をのぞいてみて!

「ギジュツノチカラ」

特設サイトURL/www.softbank.jp/corp/business/advanced/gijyutsunochikara/
※2020年9月7日(月)から一般公開予定

Text: Michie Mito

Profile

脇田玲
Akira Wakita 慶應義塾大学SFC環境情報学部学部長教授。 科学と美術を横断するアーティスト。シミュレーションとヒヴィジュアシライゼーションを駆使し、映像、彫刻、インスタレーション、ライブ活動等を展開。これまでに Ars Electronica Center、 Mutek、RedBull Music Festival、 WRO Art Center、清春芸術村、日本科学未来館などで作品を展示。 http://akirawakita.com/

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する