Art / Post

注目の「バンクシー展  天才か反逆者か」展示再開!

横浜・アソビルにて今年3月に開幕後、臨時休業となっていた「バンクシー展 天才か反逆者か」が、感染予防対策を徹底した上で5月30日(土)より展示を再開。会期は2020年9月27日(日)まで。

イギリスを拠点に活動する匿名のアーティスト・バンクシー。世界中のストリート、壁、橋などを舞台に神出鬼没に制作を行い、社会問題に根ざした批評的な作品を手がけるなど、謎に包まれた存在が話題を呼んでいる。その活動は、テーマパーク、宿泊施設、映画制作など多岐にわたり、風刺的でダークユーモアにあふれる作風が、多くの人々を惹きつけずにはいられない。

2018年からモスクワ、香港など世界5都市を巡回し、100万人以上を動員した本展。そのバンクシー作品70点以上が横浜に集結。コレクター所有のオリジナル作品、版画、立体オブジェクトなど貴重な作品や資料の数々が、過去最大級の規模で展示されている。

(参考記事)Numero.jp 世界を挑発し続ける覆面アーティスト「バンクシー展 天才か反逆者か」日本上陸

会場となっている、「遊べる駅近ビル」がコンセプトの複合型体験エンターテインメントビル・アソビル館内には、日常的にアートと触れ合ってほしいという思いから、カラフルで遊び心の効いたアート作品が至るところに点在。来場者は、フォトジェニックな作品を自由に鑑賞でき、ソーシャルディスタンスを保つ列に並びながらも楽しむことができるよう、配慮された上での再開となる。

世界で100万人が心揺さぶられたバンクシーワールドを堪能しに、ぜひ足を運んでみては?

※掲載情報は6月4日時点のものです。
開館日時、感染予防対策など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

「バンクシー展 天才か反逆者か」
会期/2020年5月30日(土)再開〜9月27日(日) 
※完全事前予約制(WEBにて日時指定チケットのみ有効)
会場/アソビル
住所/神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル2F
URL/banksyexhibition.jp

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

ec

April 2021 N°145

2021.2.26発売

Fun! Fun! Fun!

ファッションが足りない!

オンライン書店で購入する