People / Post

シンディー・クロフォード、デビュー時ほくろを取るよう言われていた!?

©Bang Media International
©Bang Media International

シンディー・クロフォード(Cindy Crawford)はモデルになり立ての頃、ほくろを取るよう勧められていたそうだ。

高校生だった当時、唇の上のトレードマークを除去しないと成功しないと助言を受けたという。

ナオミ・キャンベルのライブ配信『ノー・フィルター・ウィズ・ナオミ』に出演したシンディーはこう振り返っている。

「アメリカ版のをやる前にイギリス版ヴォーグの表紙をやったの。デヴィッド・ベイリーが撮影だったと思う。その写真は修正されたわ。だから表紙の私にほくろがないのよ」「初めてモデル事務所に行った時。シカゴのね。本当に小さなところだった。名前も覚えていないんだけど。ほくろを取るよう私は言われて、母は『わかったわ。やってもいいけど、傷跡がどうなるかは分からないわよ。あなたのほくろは見ての通りだけど』って」

結局シンディーは取らないことに決めたものの、多くの雑誌がほくろをメイクで隠すか、撮影後修整していたそうだ。「シカゴでモデルをやり始めた頃は、それを隠そうとした人もいたけど、私のほくろは平らじゃないからできない。隠せば大きなニキビみたいになってしまう。シカゴでは許容範囲だったようだけど、日本で働いた時は、時々修正されて無くなっていたわ」

そしてナオミから、ほくろを消された時の気持ちを聞かれたシンディーは、「そんなに気にしなかった。子供の頃はそのビューティーマーク(ほくろ)が嫌いだったから。妹から醜いマークだって言われたりもした。自分にないものを常に欲しがるのが人間よね。カーリーヘアーの女の子はストレートに、ストレートの女の子はカーリーになりたいって」と答えていた。

一方、米版ヴォーグの撮影がそんな状況を変えたという。「リチャード・アヴェドン、ポリー・メロンと一緒に初めてアメリカのヴォーグの表紙をやった時、そのままにしておくのかどうか分からなかったけど、結果そのままだった。でアメリカのヴォーグがそうなって以来、ほくろの問題は無くなったの」

そして、女性がありのままの自分に満足できるのに役に立てたとして、「ビューティーマークがある女性はたくさんいる。ヴォーグや他の雑誌の表紙でほくろを隠さない私を見て、自分のそれも気にせず楽な気持ちになってくれたんだわ」と続けていた。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する