Art / Post

懐かしく、新しい“記憶と継承” 大阪万博50 周年記念展

「日本万国博覧会(大阪万博)」(1970年)会場風景より
「日本万国博覧会(大阪万博)」(1970年)会場風景より

東京・天王洲エリアにて、「大阪万博50 周年記念展覧会 Expo 70’ 50th Anniversary Exhibition」が開催される。会期は、2020年2月15日(土)〜2月24日(月・祝)まで。

「日本万国博覧会(大阪万博)」(1970年)会場風景より
「日本万国博覧会(大阪万博)」(1970年)会場風景より

1970年にアジアで初めて開催され、今年で50 周年を迎える日本万国博覧会(大阪万博)。77の国と地域が参加し、国内外から6400万人を超える来場者が交歓したこの国際博覧会は、歴史と記憶に深く刻まれている。そして、その会場は『太陽の塔』などのレガシーを残しつつ、緑豊かな万博記念公園として今なお多くの人に愛される場に。

今回、50周年を記念した本展では、当時の記憶をひも解くように岡本太郎らの貴重な作品や資料をはじめ、大阪万博に影響を受けた宇川直宏、西野達、蓮沼執太ら現代アーティストによる新たな作品を展示。「人類の広場ー交歓の記憶と継承」をテーマに、天王洲の街と渋谷パルコに作品を点在させ、万博記念機構がアーカイブしてきた資料5000点以上を公開する。

「日本万国博覧会(大阪万博)」(1970年)会場風景より
「日本万国博覧会(大阪万博)」(1970年)会場風景より

T-ART HALLでは、かつて岡本太郎がプロデュースしたテーマ館の地下に展示されていた岡本太郎作品のマスクや、2017年に東京藝術大学バシェ音響彫刻修復プロジェクトとマルティ・ルイツにより修復された、彫刻家フランソワ・バシェの『勝原フォーン』も公開される。また、バシェによる「音響彫刻」をモチーフに、蓮沼執太が作り上げた音楽を天王洲のリバーサイドで聴くことができる。

さらに、西野達によるバスをカットした巨大な作品や、宇川直宏による大阪万博のアーカイブ音と現代音楽をエディットし、音とモミ玉がシンクロするマッサージチェアーといった体験型作品も登場予定。

「日本万国博覧会(大阪万博)」(1970年)会場風景より
「日本万国博覧会(大阪万博)」(1970年)会場風景より

また、宇川直宏が主宰するライブストリーミングスタジオDOMMUNEでは、武満徹、黛敏郎、一柳慧ら世界中から集まった音楽家が奏でた万博での貴重な音源資料を初公開。トーク/音楽イベントなどの詳細は公式サイトをチェック。

55年ぶりに開催が決定している「大阪万博2025」の前に、東京で開催される貴重な記念展へ、ぜひ足を運んでみよう!

「大阪万博50 周年記念展覧会 Expo 70’ 50th Anniversary Exhibition」
会期/2020年2月15日(土)〜2月24日(月・祝)
会場/T-ART HALL TERRATORIA、T-PASSAGE、T-LOUTUS M、ボンドストリート、天王洲オーシャンスクエア、寺田倉庫など天王洲エリア一帯、渋谷パルコ
時間/平日13:00〜19:00、土日祝11:00〜20:00
料金/無料
休館日/2月17日(月)
URL/expo70-park.jp

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する