Trip / Hotel

ハッリ・コスキネンのカプセルホテルと「CAFE AALTO」が京都にオープン

sleep-in Hut
sleep-in Hut

フィンランドのプロダクトデザイナー、ハッリ・コスキネンのデザインによるカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO(マヤ ホテル キョウト)」が、京都・河原町エリアにオープンした。さらに1Fにはフィンランドの「CAFE AALTO(カフェ アアルト)」が日本へ初上陸! 

フィンランド語で”小屋”を意味する”MAJA”と名付けられたこのホテルには、三角屋根が可愛らしいデザインの”HUT(ハット)”と呼ばれる大小2サイズのカプセルが連なる。眠るためのスタンダードなサイズ「sleep-in Hut」が40室、立って歩けるラージサイズ「walk-in Hut」が20室揃う。

walk-in Hut
walk-in Hut

無駄のない機能的な空間と、木材が使用され、暖かみのある洗練されたデザインには、進化する”カプセルホテル”を実感するはず。本ホテルでは、クリエイティブディレクションは、フィンランドを代表するプロダクトデザイナー、ハッリ・コスキネンが担当し、インテリアデザイン、グラフィック、プロダクトなどのすべてを手がけている。

ハッリ・コスキネンは「ホテルのキーコンセプトは“居心地がよく、暖かい家のような体験を作ること”」とし、「ぬくもりのある木材、柔らかいリネンと機能性の高いライトなどを使う。読書するにはとてもよい空間だと思います」と語っている。たしかに、お籠りしたくなる居心地のよさがある。

客室は全60室
客室は全60室

そして個室を隔てるロールカーテンのテキスタイルパターンもオリジナルのデザイン。”MAJA KIOTO(マヤ キオト)”と名付けられ、なんとマリメッコが制作している! さらに、ポーチやトートバッグ、クッションカバーが、ホテル内のショップで販売されている。

ポーチ¥6,000、トートバッグ¥4,500、クッションカバー¥4,500
ポーチ¥6,000、トートバッグ¥4,500、クッションカバー¥4,500

1F エントランス
1F エントランス

そして一階には、「CAFE AALTO(カフェ アアルト)」が、ヘルシンキに次ぐ店舗として世界初進出!

こちらは、フィンランドを代表する建築家のアルヴァ・アアルトがデザインしたアカデミア書店内にある「CAFE AALTO」の二号店となる。本店だけにある、アルヴァ・アアルトがデザインした黒いレザーに真鍮フレームの椅子や、大理石や木のテーブルなどをリプロダクトしたものを設置。象徴的な壁のブルーのタイルも、色味を京都店のために微調整して再現されている。

サーモンスープ ¥1,500
サーモンスープ ¥1,500

メニューには、フィンランドスタイルのカルダモンが効いたシナモンロールや、京都店オリジナルのコーヒー、伝統料理のサーモンスープなどが楽しめる。朝7時からのオープンなので、朝食もぜひこちらで。

ブルーベリーパイ、シナモンロール 各¥750、コーヒー¥600
ブルーベリーパイ、シナモンロール 各¥750、コーヒー¥600

カプセルホテルという枠を超え、快適さとフィンランドデザインのエッセンスが詰まった「MAJA HOTEL KYOTO」。気軽に京都ひとり旅へ、ぜひ、お出かけして!

MAJA HOTEL KYOTO
住所/京都市中京区柳馬場通六角上る槌屋町92
TEL/075-205-5477
URL/maja-hotel.com
宿泊料金/sleep-in hut 2㎡ ¥7,000〜 、walk-in hut 3㎡ ¥8,500〜

CAFE AALTO
営業時間/7:00~22:00、無休
TEL/075-205-5476

Text:Hiromi Mikuni

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する