Art / Post

伝説的写真家・奈良原一高の スペインへの“約束の旅”展

戦後に活躍した写真家・奈良原一高(ならはら・いっこう)の写真展が開催中。1969年に出版された写真集『スペイン 偉大なる午後』に焦点を当てる。世田谷美術館にて、2020年1月26日(日)まで。

奈良原一高『フィエスタ セビーリャまたはマラガ』 「スペイン 偉大なる午後」より(1963-65年) ©Ikko Narahara 無断転載禁止
奈良原一高『フィエスタ セビーリャまたはマラガ』 「スペイン 偉大なる午後」より(1963-65年) ©Ikko Narahara 無断転載禁止

1931年、福岡生まれ。報道写真とは一線を画した独自の作風で脚光を浴び、極限状態での生を見つめたシリーズ『人間の土地』や『王国』などで、戦後日本の新しい写真表現を切り開いた写真家・奈良原一高。経済成長と東京オリンピックに日本中が沸いた62〜65年に、自らの表現を問い直すためにヨーロッパへ赴いた奈良原は、帰国後に2冊の写真集を出版。作り込まれた芸術的な構図が光る『ヨーロッパ・静止した時間』(1967年)が数々の写真賞を受賞するなど高い評価を得た一方で、ありきたりなルポルタージュのように受け止められた『スペイン 偉大なる午後』(1969年)は、今日に至るまで本格的な検証がされないままだった。

奈良原一高『偉大なる午後 マラガ』 「スペイン 偉大なる午後」より(1963-64年) ©Ikko Narahara  無断転載禁止
奈良原一高『偉大なる午後 マラガ』 「スペイン 偉大なる午後」より(1963-64年) ©Ikko Narahara  無断転載禁止

奈良原一高『バヤ・コン・ディオス コルドバ』 「スペイン 偉大なる午後」より(1963-64年)  ©Ikko Narahara 無断転載禁止
奈良原一高『バヤ・コン・ディオス コルドバ』 「スペイン 偉大なる午後」より(1963-64年) ©Ikko Narahara 無断転載禁止

そんな奈良原の“忘れられた写真”に焦点を当てた展覧会「奈良原一高のスペイン――約束の旅」が現在開催されている。ヨーロッパ滞在中、3度にわたって5カ月余りを過ごしたスペインへの “約束の旅”の軌跡をたどる試みだ。分け隔てなく人を迎え入れる祭りの熱気、町から村へと車を走らせて出会った人々の姿、劇的な闘牛を捉えている。

同シリーズが展示されるのは、東京では約半世紀ぶりのこと。この貴重な機会を、どうぞお見逃しなく。

 
「奈良原一高のスペイン――約束の旅」展
会期/2019 年11月23日(土・祝)〜2020年1月26日(日)
会場/世田谷美術館 1階展示室
住所/東京都世田谷区砧公園1-2
料金/一般 1000円、65歳以上 800円、大学・高校生 800円、中・小学生 500円
時間/10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日/毎週月曜日、年末年始(2019年12月29日(日)〜2020年1月3日(金)
※ただし、1 月13日(月・祝日)は開館、翌1月14日(火)は休館
TEL/03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL/www.setagayaartmuseum.or.jp/

Text : Manami Abe

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する