Culture / Post

菊地成孔が仕掛ける⁉︎ ポップデュオ新生「SPANK HAPPY」最終形

音楽家、菊地成孔が結成し、2006年に惜しまれながらその活動に終止符を打った、音楽ファンたちの伝説!? のユニット「SPANK HAPPY(スパンクハッピー)」が、2018年夏、装い新たに再始動を果たした。2019年10月には待望の1stアルバム『mint exorcist』をリリース。

そもそもスパンクハッピーとは、1992年に菊地成孔が結成し、渋谷系ブームの真っ只中の90年代から00年代頭、1期、2期とヴォーカル交代を経ながら、文化系音楽好きの若者の間で支持を集めた伝説のヴォーカルデュオユニットだ。そして、2006年の活動終了から12年後の2018年、まさかの復活を遂げた。

しかも当の菊地成孔は不在で、代役として現れた(笑)菊地と瓜二つのBoss the NKと、これまた音楽好きなら、なるほどな、謎多き新人!? ヴォーカリスト、ODの二人共同による、全曲作詞、作曲、編曲で製作。

ライブでは、往年のアイドルユニットさながらに、2スタンドマイクによる口パク&ダンスという独特のパフォーマンスを披露。ちなみに、このODについては、パン工場で働く無類のパン好きで歌が上手な彼女を、たまたまBossが見初めて、デビューするという絵に描いたようなサクセスストーリーの結成秘話まで用意されている(だから、写真もパン。笑)。

そんな「最終形態」である、FINAL SPANK HAPPY(最終スパンクハッピー)は、チャラくて可愛くておしゃれをモットーに、トレンディドラマや『11PM』さながらの大人のラブストーリーから、ダジャレにしか思えないものまで、年齢差23歳の才能豊かな二人が織りなすバラエティに富んだ楽曲で新しいヘルシーなAORを生み出す。

今秋10月にリリースされた待望の1stアルバム『mint exorcist』には、三越伊勢丹2018グローバル・グリーンキャンペーンソング「夏の天才」、エロティーク&パセティークなAORチューン「エイリアン セックスフレンド」、Beckのカヴァー「DEVILS HAIR CUT」など全11曲を収録。確かな技術と音楽性に裏打ちされたサウンドは、本気の中にもほどよいジョークとシャレが入り混じり、かっこよくておしゃれだけど、ちょいダサで、アーバンなシティ・ポップに仕上がっている。

音楽はもちろんだが、インスタグラム(@spank_happy)で、繰り広げられる、二人の掛け合い動画、ODの口癖「じゃないスカ〜」のチャーミングなコメント、Bossによるこだわりのモードな衣装解説にも要注目!12月には、ライブツアーも行われるので、この機会に、二人の息の合ったパフォーマンスをしっかりと見届けたい。

FINAL SPANK HAPPY『mint exorcist』

¥3,500(Bureau Kikuchi)
URL/www.bureaukikuchishop.net/spank-happy

“FINAL SPANKHAPPY mint exorcist TOUR”

日時・会場/
2019年12月4日 (水) 大阪 Umeda Shangrila 19:00開場/19:30開演
12月5日(木) 京都 CLUB METRO 19:00開場/19:30開演
12月6日(金) 名古屋 Live & Lounge Vio 19:00/19:30開演
12月15日(日) 仙台 HI HAT 17:30開場/18:00開演
12月22日(日) 福岡 Kieth Flack 17:30開場/18:00開演
12月26日(木) 東京 WWW X 18:45開場/19:30開演
料金/スタンディング(整理番号付き )¥4,500 ※入場時ドリンク代別途
URL/https://w.pia.jp/t/spankhappy-tr/

「ヌメロ・トウキョウ」おすすめミュージックリスト

Text:Masumi Sasaki

Recommended Post

Magazine

ec

January / February 2020 N°133

2019.11.28発売

Live Your Color

カラフルに生きよう!

オンライン書店で購入する