Culture / Post

大晦日の夜は、銀杏BOYZ・峯田和伸とSpiritualizedの豪華ライブで

2019年春、東京・渋谷にてPhoenix(フェニックス)、JUSTICE(ジャスティス)らをヘッドライナーに迎え、スタートをきった国際音楽祭「Somewhere,」。その後ロンドン公演を経て、第三弾は、12月31日、東京・池袋にて銀杏BOYZの峯田和伸とSpiritualized(スピリチュアライズド)の共演による一夜限りのスペシャルライブが実現する。

2019年4月 東京・渋谷にてPhoenixのパフォーマンス
2019年4月 東京・渋谷にてPhoenixのパフォーマンス

世界中のさまざまな会場で、ボーダレスなプログラムを掲げる国際音楽祭として、今年4月、東京・渋谷にて幕開けした「Somewhere,」。JUSTICE、Phoenix、Basement Jaxx(ベースメント・ジャックス)ら世界のトップアクトが連日ライブを行い話題を呼んだ。そして、9月には、初の海外公演にて、ピート・ドハーティとカール・バラーのアコースティックライブを敢行。

2019年9月 ロンドンにてピート・ドハーティとカール・バラーのアコースティックライブ
2019年9月 ロンドンにてピート・ドハーティとカール・バラーのアコースティックライブ

Spiritualized
Spiritualized

続く第三弾は、日本のロックバンド、銀杏BOYZの峯田和伸とUK発90年代最高のサイケデリア、Spiritualizedがダブルヘッドライナー共演が決定した。12月31日、池袋の東京建物Brillia Hallにて「New years eve GALA CONCERT Somewhere, 1001 candles」と銘打って開催。ロンドン公演の際に注目を集めた、ハックニー・エンパイア劇場での1001本のキャンドルが灯る幻想的なステージセットがそのまま再現される。

2019年9月 ロンドンにてピート・ドハーティとカール・バラーのアコースティックライブ。1001本のキャンドルによる幻想的なステージ演出。
2019年9月 ロンドンにてピート・ドハーティとカール・バラーのアコースティックライブ。1001本のキャンドルによる幻想的なステージ演出。

鬼才ジェイソン・ピアース率いるSpiritualizedはスペシャルなアコースティックフルセットで、銀杏BOYZの峯田和伸はアコースティックの弾き語りでライブパフォーマンス。2019年を締めくくる、令和元年最後を飾る、特別な夜になるに違いない。

New year eve GALA CONCERT Somewhere, 1001 candles

日程/2019年12月31日(火)
時間/15:00開場 17:00開演
会場/東京建物Brillia HALL
住所/東京都豊島区東池袋1-19-1
料金/SS席¥15,000 S席¥12,000 A席¥8,000 B席¥5,000(税込)
URL/www.somewhereimf.com
チケット/ぴあ https://w.pia.jp/t/galaconcert-t/
ローチケ https://l-tike.com/nyegc-somewhere
イープラス https://eplus.jp/nyegc-somewhere/

Text:Masumi Sasaki

Recommended Post

Magazine

ec

January / February 2020 N°133

2019.11.28発売

Live Your Color

カラフルに生きよう!

オンライン書店で購入する