Art / Post

新・GYRE GALLERYでデヴィッド・リンチ展開催

映画監督のデヴィッド・リンチによる、絵画と写真の展覧会が開催中。2019年4月19日にリニューアルした東京・表参道のGYRE GALLERYにて、6月23日(日)まで。

“カルトの帝王”の異名をもつ、映画監督であり脚本家、プロデューサーのデヴィッド・リンチ。低予算で自主制作した1977年公開の『イレイザーヘッド』で映画監督としてデビューし、 90年には『ワイルド・アット・ハート』でカンヌ国際映画祭における最高賞、パルム・ドールを受賞している。第63回ヴェネチア国際映画祭では、長年にわたり多くの優れた作品を生み続けていることを称える、栄誉金獅子賞を受賞した。

映画人として活躍するリンチだが、絵画制作にも力を入れている。フランスのカルティエ現代美術財団では、2007年にリンチによる絵画や写真、彫刻作品の個展が開催され、ドイツのマックス・エルンスト美術館でも、09年に個展が行われた。

そして現在、東京でデヴィッド・リンチによる絵画と写真の展覧会が開催されている。本展タイトルにもなっている「精神的辺境の帝国」というコンセプトをもとに、リンチ本人とキュレーターを務める飯田高誉によって選定された、ペインティングや写真などの作品44点で会場を構成。『イレイザーヘッド』と、その映画ロケを行った制作現場であるフィラデルフィア工業地帯へのインスピレーションに捧げたものになっている。

なお、会場は、4月19日に「EYE OF GYRE」から名前を変えてリニューアルオープンを果たした「GYRE GALLERY」。新たなスペースで、リンチの創作の原点をうかがい知ることができる貴重な展覧会。ぜひ、お見逃しなく!

「デヴィッド ・ リンチ_精神的辺境の帝国」展
会期/2019年4月19日(金)〜6月23日(日)
会場/GYRE GALLERY
住所/東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
時間/11:00〜20:00
TEL/03-3498-6990
URL/gyre-omotesando.com/

Text : Manami Abe

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する