Art / Post

「Dries Van Noten」が選ぶ日本人アーティストが参加!3日間だけの展覧会

「アキレスとアガメムノンの口論」エラルート・デ・ライレッセ (1640-1711) ベルギー 油絵・キャンバス  H3000 x W2140mm
「アキレスとアガメムノンの口論」エラルート・デ・ライレッセ (1640-1711) ベルギー 油絵・キャンバス H3000 x W2140mm

「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」 の青山店オープン10年を祝い、展覧会「INTERPRETATIONS, TOKYOー17世紀絵画が誘う現代の表現」を原美術館にて開催。2019年3月29日(金)~31日(日)の3日間限定で、17世紀の画家エラルート・デ・ライレッセによる巨大な絵画作品をベースに、2009年と2019年にそれらを再解釈した日本人アーティストの作品が展示される。

2009年にオープンした青山店。その節目を祝う展覧会では、青山店1階に飾られている17世紀の画家エラルート・デ・ライレッセによる巨大な2枚の絵画作品を、気鋭の日本人アーティストたちが再解釈する。

ドリス・ヴァン・ノッテン自らが最終選考した新たな参加アーティストは、「コム デ ギャルソン」や「ズッカ」などとコラボレートワークを数多く発表する安野谷昌穂、作品がルイ・ヴィトン・マルティエのパブリックコレクションに収蔵されている佐藤允、さまざまなメディアを用いて作品を制作する石井七歩の3人。

「パリスとアポロがアキレスの踵に矢を向け命を狙う」エラルート・デ・ライレッセ (1640-1711) ベルギー 油絵・キャンバス H3000 x W2140mm
「パリスとアポロがアキレスの踵に矢を向け命を狙う」エラルート・デ・ライレッセ (1640-1711) ベルギー 油絵・キャンバス H3000 x W2140mm

展覧会では、エラルート・デ・ライレッセによる2枚の絵画作品をベースに、10年前のオープン時に制作された蜷川実花や堂本右美の解釈作品、今回新たに制作される日本人アーティストの作品を合わせて展示。“時間、国、色彩、表現方法を超えて対話する”という、青山店オープン時のストーリーを改めてクローズアップする。

ギリシャ神話をモチーフにした色鮮やかな大作と、さまざまな手法で表現される日本人アーティストの作品。その対比から、過去から現在まで繋がるストーリーを読み取ってみてほしい。

INTERPRETATIONS, TOKYOー17世紀絵画が誘う現代の表現

会期/2019年3月29日(金)~31日(日)
会場/原美術館
住所/東京都品川区北品川4-7-25
開館時間/11:00~17:00(日曜日のみ 20:00まで)
TEL/03-3445-0651
URL/www.haramuseum.or.jp

Text:Anri Murakami

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する