081
Lifestyle Post

日本初!「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」中目黒にオープン

スターバックスによる最高のコーヒー体験を追求する新業態「スターバックス リザーブ® ロースタリー」(STARBUCKS RESERVE® ROASTERY)がついに日本上陸!隈研吾が設計を手がけた、世界で5店舗目となる特別なショップが2019年2月28日(木)東京・中目黒にオープンした。

シアトル、上海、ミラノ、ニューヨークに続いて東京にオープンしたスターバックス リザーブ® ロースタリーは、スターバックスのコーヒーへの情熱をかたちにしたプレミアムな店舗。コーヒーやティーはもちろん、アルコールまで、ここだけでしか飲めない特別なメニューを100種類以上提供する。さらには、焙煎から抽出まで店舗内で行い、その過程を見ることができる。

1階には、巨大焙煎機が鎮座。1日当たり60kgの豆袋を約30個焙煎し、ここから日本各地のスターバックス店舗に出荷されるそう。

4階までそびえ立つ銅板のキャスク(貯蔵庫)は、職人が手作業で叩いて仕上げたもの。2,100枚もの桜の花びらが装飾されている。

1階のメインバーでは、コーヒーに精通するバリスタが、新しいコーヒーの楽しみ方を提案。ロースタリーで焙煎された希少なコーヒーや、豊富な抽出方法や特殊な器具を使った一杯を味わうことができる。

ここでしか飲めないユニークなメニューも目白押し。バーボンウィスキーの樽の中で熟成させたコーヒー豆をコールドブリューで抽出した「バレルエイジド コールド ブリュー」、や、レモンを絞った「カスカラ レモン サワー」など、新しい味覚体験に誘ってくれる。


「バレルエイジド コールド ブリュー」¥1,200
「カスカラ レモン サワー」¥1,200

1階フロアの奥には、日本初上陸となるイタリアンベーカリーの「Princi®(プリンチ®)」が出店。

パンやペストリー、サラダやケーキなど、イタリアを代表する王道メニューを取り揃える。

2階には、スターバックスのお茶の世界を楽しめる、世界最大のTEAVANA™(ティバーナ™)ティー バーが登場。

日本を代表する玉露や煎茶、玄米茶の3種類のほか、ミクソロジー技術を駆使した東京限定のティーメニュー16種類をラインナップする。


「ナイトロ ミルク ティー」¥900 「ティバーナ™ クリームソーダ 抹茶」¥900
日本酒の香りをつけた玉露「さくらの小径」¥1,200

3階では、日本初の本格的なバーサービス「ARRIVIAMO™(アリビアーモ™)」で、革新的なカクテルが嗜められる。アルコールを使ったコーヒーや期間限定のスペシャルカクテル、食前酒、ワイン、ビールまで、食事前の待ち合わせなどに重宝しそう。

桜の花びらを閉じ込めた「スプリングシャワー」¥2,000 ※期間限定
コーヒーをフィルターにセットし、ウィスキーをプアオーバーする 「トウキョウ プア オーバー」¥3,000

4階は、パネルディスカッションや音楽のジャムセッション、コーヒーテイスティングなどのアクティビティを行うひコミュニティスペース「AMU インスピレーション ラウンジ」が誕生。今後は、スターバックス初のスペシャルティコーヒー協会公認のトレーニング施設として活用する予定だそう。

コーヒーを通して新たな体験ができる新名所「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」で、その奥深い世界を探訪してみて。

STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京
住所/東京都目黒区青葉台2丁目19番23号
TEL/03-6417-0202
営業時間/7:00〜23:00
不定休
※2月28日(木)~3月3日(日)、3月9日(土)、3月10日(日)は混雑が予想されるため、7:00~9:00の間は入場制限。
URL/www.starbucks.co.jp/roastery/

Text: Yukiko Shinto

Recommended Post