833
Culture Art

北欧モダン建築の巨匠、アルヴァ・アアルトが20年ぶりに日本個展

アルミン・リンケ撮影、ヴィープリ(ヴィーボルク)の図書館/Alvar Aalto, 1927-35 ⓒArmin Linke, 2014
アルミン・リンケ撮影、ヴィープリ(ヴィーボルク)の図書館/Alvar Aalto, 1927-35 ⓒArmin Linke, 2014

フィンランドを代表する建築家、アルヴァ・アアルト(1898-1976)。生誕120周年を記念し、日本では20年ぶりとなる個展が、丸の内にある東京ステーションギャラリーにて開催中。アアルト建築の魅力を再発見する機会となりそうだ。

アルミン・リンケ撮影、ルイ・カレ邸/Alvar Aalto, 1956-59/61-63 ⓒArmin Linke, 2014
アルミン・リンケ撮影、ルイ・カレ邸/Alvar Aalto, 1956-59/61-63 ⓒArmin Linke, 2014

20世紀を代表する建築家のひとりとして世界中にその名を知られる、アルヴァ・アアルト。「マイレア邸」「パイミオのサナトリウム」「ヴィープリ(ヴィーボルク)の図書館」など、個人邸宅から公共建築までの設計を手掛け、今も根強い人気を誇っている。

アルミン・リンケ撮影、パイミオのサナトリウム/Alvar Aalto, 1928-33 ⓒArmin Linke, 2014
アルミン・リンケ撮影、パイミオのサナトリウム/Alvar Aalto, 1928-33 ⓒArmin Linke, 2014

建築のみならず、家具をはじめ壁面タイルやドアノブなど細部にいたるまでデザインするなど、ディテールへのこだわりも徹底していたアアルト。アームチェアやスツール、照明器具、流線形のガラス器など彼が手がけたプロダクトは、今もフィンランドデザインのシンボルとして世界中で愛されている。

アームチェア 41 パイミオ/Alvar Aalto, 1932 ⓒVitra Design Museum, photo: Jürgen Hans
アームチェア 41 パイミオ/Alvar Aalto, 1932 ⓒVitra Design Museum, photo: Jürgen Hans

2018年に生誕120周年を迎え、日本での個展は今回が20年ぶりとなる。オリジナルドローイングや模型のほか、家具やガラス製品などのプロダクト、さらにドイツの写真家、アルミン・リンケが撮り下ろしたアアルト建築の柔らかな光や空気感をとらえた写真作品など、計約300点ものボリュームで魅力を堪能できる。

フィンランドの豊かな自然のなかに見出された有機的なフォルムを設計に取り入れ、建築によって人々の暮らしをより豊かにしたいという願いが込められていたアアルト建築。そのデザインの魅力を再発見するのはもちろん、北欧モダン建築の琴線に触れられるこの機会をぜひお見逃しなく。

「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」

会期/2019年2月16日(土)〜4月14日(日)
会場/東京ステーションギャラリー
住所/東京都千代田区丸の内1-9-1
時間/10:00〜18:00 ※金曜日は20:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで
料金/一般¥1,200 高校・大学生¥1,000円 ※中学生以下無料
休館/月曜 ※4月8日は開館
TEL 03-3212-2485
URL/www.ejrcf.or.jp/gallery/

Text:Akane Naniwa

Recommended Post