Trip / Hotel

街の中心でリゾートステイ!?「Six Senses」初のシティホテル誕生

ラグジュアリーホテルの「シックスセンシズ(Six Senses)」の、グループ初のシティホテル「シックスセンシズ マックスウェル」がシンガポールのチャイナタウンエリアにオープン。19 世紀のコロニアル様式を残す歴史的建造物で、ユニークなホテルステイを楽しめる。

シンガポールのタンジョンパガー地区にオープンした「シックスセンシズ マックスウェル」は、19世紀のコロニアル様式を現代に残す歴史的建造物を、著名なフランス人建築家兼内装デザイナーのジャック・ガルシアが改装。アールデコ様式の正門、むき出しのレンガ、ライオンの頭をモチーフにしたユニークなデザインの排水管など、建設当時を彷彿とさせる要素を色濃く残している。

スイートルームを含む7タイプ、138室の全客室には「シックスセンシズ」が監修したミニバーを完備。特注の家具と原作の美術品で装飾された4階建てフロアの屋上には、インフィニティプールとフィットネスジムも。

さらに2つのレストランと、3000冊以上の本が並ぶ「Cook & Tras」、ジャック・ガルシアの魅力的なデザインを楽しめる「Garcha’s」、1,500本以上のワインを揃える「Murray Terrace Brasserie」などの3つのカフェバーをラインナップ。エントランスでは、ノスタルジックな三輪車のアイスクリームショップから、ウェルカムアイスが振る舞われるなど、サプライズ感のあるさまざまなサービスがゲストを心地よくもてなしてくれる。

チャイナタウンエリアで現地の人々の活気溢れる雰囲気を感じながら、旅先ならではの高級感も満喫できる「シックスセンシズ マックスウェル」で、独創的で贅沢なシティステイを楽しんで。

Six Senses Mazwell

住所/2 Cook Street Chinatown 078857 Singapore,

Six Senses Hotels Resorts Spas

TEL/0120-921-324
URL/https://www.sixsenses.com

Text:Anri Murakami

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する