Trip / Hotel

インド洋を見渡す圧巻のロケーション「アプルヴァ ケンピンスキー バリ」オープン!

2019年春、バリに新たなリゾートホテル「アプルヴァ ケンピンスキー バリ」がオープンする。ドイツのラグジュアリーホテルグループ「ケンピンスキー」にとって、バリ島では初のブランドデビューとなる。ヌサドゥアの崖の上からインド洋を見渡す雄大なロケーションと、オープンエアなデザインが魅力的な大型リゾートの開業を記念して、オープニングオファーキャンペーンも開催中!

美しいビーチが目の前に広がるバリ南部ヌサドゥアの崖の上に建つ「アプルヴァ ケンピンスキーバリ」は、豪華なゲストルーム、スイートルームやヴィラを含めた475の客室に、5軒のレストラン、シガー&シーシャラウンジを備えた5つ星ホテル。

海に面したスパ、全長60mのスイミングプール、 子ども用プール、ファミリークラブなどの施設も充実。ビーチに面したウエディングチャペルや、1,076m²の広さを誇る開放的なグランドボールルームもあり、ウェディングの会場にもぴったり。さらに海を見渡す2,200m²の美しい芝生スペースは屋外イベントにも最適。景観を大切にしながら、バリらしさを取り入れた建築様式や、インテリアにもインドネシア文化を表現したデザインを取り入れ、インドネシア文化と現代のラグジュアリーを融合している。

「『アプルヴァ』とは、 サンスクリット語で『比類なき唯一の存在』を意味する言葉。生涯忘れられない体験をお客様に提供するケンピンスキーのビジョンや取り組みを表した名称です」とアプルヴァケンピンスキー バリの総支配人ヴィンセント・ギロネットはコメントしている。

「アプルヴァ ケンピンスキー バリ」は、自らをインドネシアの優雅さを具現化した壮大な野外シアターとして表現しているという。アイコニックな客室、プライベートなプランジプールを備えたヴィラ、ユニークな食事体験ができるレストラン、伝統のスパトリートメントと、ここだけでしか叶えられない素晴らしい体験が待っている。

なおオープン記念として、2019年5月31日までの宿泊を対象に、全客室の宿泊料金が30%割引となる「Opening Offer」が提供されている。この宿泊特典には、朝食と無料WiFiも一泊ごとに含まれている。ぜひこの機会に「アプルヴァ ケンピンスキーバリ」を訪れて、新たなリゾートの始まりと、バリの魅力を再発見して。

The Apurva Kempinski Bali

オープン/2019年春
URL/www.kempinski.com/bali

Text:Hiromi Mikuni

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する