Art / Post

森洋史のユーモラスな世界観が銀座 蔦屋書店に登場!

パロディを手法とし、既存のイメージを組み合わせた作品を制作する森洋史。東京・銀座にある銀座 蔦屋書店、アートウォールギャラリーにて開催。ユーモアたっぷりの作品たちをとくとご覧あれ!

『If There was impossible Campbell’s Soup Cans... Consommé facebook Mix』2018
『If There was impossible Campbell’s Soup Cans... Consommé facebook Mix』2018

西洋の宗教画や日本の古典美術などの名画と、アニメやゲームから引用したイメージをリミックスし、作品を制作するアーティストの森洋史。
最新の技術を駆使して生まれる精密さと、アニメ調に描かれたイメージのアンバランス感が特徴的で、「見たことあるようで、見たことない」というアイロニーに満ちている。

『When the lord closes a door, somewhere He opens a window.』2017
『When the lord closes a door, somewhere He opens a window.』2017

本展では、これまで香港、中国、アメリカで行った個展や、グループ展、アートフェアへの出展など、国際的な広がりを見せる森の活動を集約したものとなる。「Lichtenstein × J-pop」シリーズ、「Japanesque」シリーズ、「If There Was Impossible Campbell’s Soup Cans…」シリーズの新作など、その世界観に触れるのに絶好のラインナップが揃うこの機会、必見!

『Seasonal Revolutions – Christmas』2015
『Seasonal Revolutions – Christmas』2015

「Metafiction」
会期/2018年12月26日(水)〜2019年1月31日(木)
会場/銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー(GINZA SIX6階 スターバックス前展示スペース)
住所/東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 6F
時間/10:00~22:30※2018年12月31日:10:00~21:00/2019年1月2日:10:30~22:30
休館/2019年1月1日(火)
TEL/03-3575-7755
URL/store.tsite.jp/ginza/

Text:Akane Naniwa

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する