872
Lifestyle Post

地域の魅力をまるごと体験「Nohga Hotel」上野に誕生

吹き抜けが開放的なレストランラウンジ
吹き抜けが開放的なレストランラウンジ

「地域との深いつながりから生まれる素敵な体験」をコンセプトにした、新たなホテルブランド「ノーガホテル(NOHGA HOTEL)」の第一号が、上野に2018年11月1日(木)オープンする。

2階のライブラリー
2階のライブラリー

「人と人、人と街を繋ぐコミュニティづくり」を掲げるノーガホテルでは、地域の職人やデザイナーと提携したオリジナルの家具やプロダクトを使用するほか、食事やアクティビティに至るまで、地域の魅力を存分に堪能することができる。

1階のラウンジ
1階のラウンジ

宿泊客以外も自由に利用できるラウンジやテラス席は、温かみのある家具を配置し、ゆったりくつろげる空間を演出。

2階のテラス
2階のテラス

全部で130室ある客室は、ダブル、ツイン、スイートで構成され、部屋は「快適な目覚め」をコンセプトに、ファブリックの柔らかさや木目の温かみが、落ち着いた雰囲気のインテリアデザインとなっている。

ツイン
ツイン

デラックスツイン
デラックスツイン

ノーガスイート
ノーガスイート

ノーガスイート
ノーガスイート

ホテル内には、地元や日本各地から集めたアートを随所に展示。スイートルームには、家紋職人の「京源」がデザインしたオリジナルの家紋アートが。

部屋のハンガーや靴べら、洋服ブラシなどは、台東区のデザイン会社「SyuRo」が職人とのコラボレーションにより製作。アメニティもビューティブランド「dear mayuko」によるオリジナルの香りのプロダクトを備えるなど、隅々にまでこだわりが詰まっている。

レストラン「Bistro NOHGA」では、生産者の顔が見え、なるべく自然な製法で作られた食材や、地域の店から仕入れた食材を使用。例えば、ベーカリーは浅草のマニュファクチュア、味噌は台東区鳥越の郡司味噌漬物店、日本酒は千駄木の伊勢五本店など、全部で12の店と提携している。

朝食のイメージ
朝食のイメージ

レストランで使用するグラスは、「木本硝子」による伝統をモダンに仕上げた江戸切子。ワインとの相性抜群というワイングラスは、「木村硝子店」のもの。料理とドリンクのペアリングだけでなく、グラスとドリンクとのペアリングも提案していく。

2階には、フィットネスに欠かせないジムも完備。

地域の文化を体験できる、ワークショップも開催される。谷中にある「トーキョーバイク」の自転車に乗って、街を巡るワークショップも予定。ホテルでは、オリジナルカラーの自転車をアートとしてディスプレイ。

その土地に住まなければなかなか触れる機会のない文化や体験を、あらゆる面から提供するノーガホテル。地域の魅力に触れることで、滞在がより豊かなものになるはず。上野から発信する、新たなホテルの試みに乞うご期待!

NOHGA HOTEL UENO

住所/台東区東上野2丁目21-10
開業日/2018年11月1日(木)
URL/nohgahotel.com/ueno/

Photos:Shuichi Yamakawa Text:Yukiko Shinto

Recomended Post