963
Culture Art

チームラボ”航空”がテーマの体験型コンテンツ、ボーイング787実機も展示!

787実機と共に繰り広げられる映像と音のショー「フライ ウィズ 787 ドリームライナー」
787実機と共に繰り広げられる映像と音のショー「フライ ウィズ 787 ドリームライナー」

2018年10月12日(金)、中部国際空港セントレアにオープンする「フライト・オブ・ドリームズ」にて、チームラボによる航空をテーマにした体験型コンテンツが常設展示される。本施設は、航空がテーマの体験型コンテンツエリア「フライト パーク」と、ボーイング創業の街「シアトル」をコンセプトとした商業エリア「シアトルテラス」の二つのエリアで構成される複合商業施設。

チームラボのコンテンツはボーイング787初号機の実機が展示された「フライト パーク」に登場する。ボーイング787実機と館内空間をダイナミックに使った映像と音のショー「フライ ウィズ 787 ドリームライナー」や、架空の世界に入り込み飛行機の中での仕事を体験できる「エアラインスタジオ」、そのほか航空機の製造などの流れを、デジタルテクノロジーで拡張し、インタラクティブな展示形式で表現する。
訪れた人がともに新たな体験を創り上げ、楽しむことができる新コンテンツを一部ご紹介!


絵に描いた飛行機をスキャンすると、絵がドーム空間内を飛び回ったり、専用タブレットで操縦することができる「お絵かきヒコーキ」。


「歩いて集める飛行機図鑑」は、展示されているボーイング787の周りを歩いて、スマートフォンアプリで飛行機のパーツを探しながら、その役割を学ぶことできる。


紙ヒコーキを折って光のゲート空間に飛ばし、遊びながら飛ぶしくみへの好奇心を高める「奏でる!紙ヒコーキ場」。


「ボーイングファクトリー」では、世界最大規模の航空機組み立て工場であるボーイングのエバレット工場にいるかのような体験ができる。

国内外で快進撃を続けるチームラボ。2018年6月には東京・お台場に「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」がオープンし、豊洲では超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」が2020年秋まで開催している。進化しつづけるチームラボの次なる新コンテンツを体験しに、ぜひセントレアへ!

FLIGHT PARK
期日/2018年10月12日(金)より常設
会場/中部国際空港 FLIGHT OF DREAMS内
住所/ 愛知県常滑市セントレア1-1 FLIGHT OF DREAMS
時間/10:00~17:00(最終入場16:30)土曜日のみ 10:00~19:00(最終入場18:30)
入場料/大人(中学生以上)¥1,200、子ども(3歳〜小学6年生)¥800、3歳未満無料
チケット/オフィシャルウェブサイトにて販売中

FLIGHT OF DREAMS
フライト・オブ・ドリームズ
TEL/0569-38-1195
URL/flightofdreams.jp

teamLab
URL/www.teamlab.art

Text:Hiromi Mikuni

Recomended Post