791
Culture Post

カーディ・B、女性バーテンダーへの暴行罪で逮捕

©Bang Media International
©Bang Media International

カーディ・B(Cardi B)が暴行と過失傷害の罪を負った。

2018年8月ニューヨーク、クイーンズ区のエンジェルズ・ストリップ・クラブにて2人の女性バーテンダーに暴行を加えたとして、10月1日(月)、軽犯罪の罪で警察の世話となった。

署内でマグショットと指紋採取が執り行われたそうで、罪状認否が今月29日に開かれる予定だ。被害者とされるバーテンダーらの弁護士ジョー・タコピナはTMZ.comにこう話す。

「彼女(カーディ)は彼女らを脅かし続けています。明らかにセレブリティの自分なら問題ないと考えているのです。しかし彼女の名がカーディ・Bだろうとカール・Bだろうと関係ありません。暴行に関与したからには、裁きの場に行くことになります」

その2人のバーテンダー姉妹ジェイド、バディー・ジーらとカーディは長きにわたって確執があったようで、それというのもジェイドが自分の夫オフセットと寝たというカーディの誤解から生まれたものだとされている。

そしてオフセットがそのクラブでライブをした際、カーディは姉妹らと遂に顔合わせとなり、自分の側近にボトル、椅子、水タバコを使って彼女らを襲えと命令したそうだ。姉妹らはケガを負ったようだが、その詳細については口を閉ざしている。

しかしそのカーディの攻撃は突発的なもので、初めに誰かに飲み物を投げつけられたことが引き金になったと関係者らは証言している。

また、8月15日にはジェイドがカーディの側近5人から、髪を引っ張られ、パンチ、灰皿で殴られるなどの暴行を受けたと告白していた。そして同月29日には姉妹共々、カーディの側近らがボトルや椅子を自分たち目がけて投げつけてきたと訴えていた。

一方のカーディは以前彼女らの訴えを否定、売名行為だと非難していた。

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recomended Post