954
Culture Post

ジョニー・デップ、アンバー・ハードとのドロ沼離婚について語る

©Bang Media International
©Bang Media International

ジョニー・デップ(Johnny Depp)が元妻アンバー・ハード(Amber Heard)との離婚劇について口を開いた。

1年3か月の結婚生活を経て、2016年5月に離婚を申請した2人だが、その際にアンバーからドメスティックバイオレンスの被害を受けたと言われたことにジョニーはとても傷ついたという。

英GQ誌とのインタビューでジョニーはこう明かす。

「実際の自分とは全く正反対の人間として見られていることに傷ついた」「愛する人に暴力を振るうだって?そんなことはしていない。僕がやるようなこととも思えない」「25フィート(約7.6メートル)も離れたところにいて、どうやって彼女を殴るって言うんだ?それにそんなこと僕は考えもしないよ。馬鹿に見られているかもしれないけど、僕は馬鹿じゃない」

そしてジョニーはその疑いが浮上したことで、世間の見方が変わったとして「人から違った目で見られるようになったと感じる。自分がシンデレラだったことがないのは分かってるけど、あのわずかな時間の中で、たとえて言うならシンデレラが突然野獣に変わってしまった。カジモドにね」と続けた。

そして、その件が元パートナーのヴァネッサ・パラディとの子供である娘のリリー=ローズと息子のジャックにも大きく影響を与えたとして、「子供たちをあんな目に遭わせてしまったなんてさ。全く事実でないことで、人にこんな仕打ちをする人間がどこにいるっていうんだ」「当時14歳だった息子は学校に行くのも辛かったはずだ。だって人から『おい、この雑誌見てみろよ。お前の親父は女を殴るんだって?』なんて言われるんだ。なんで息子がこんな経験をしなくちゃいけなかったんだ?なんで娘はこんな経験をしなくちゃいけなかったんだ?」と怒りまじりに語った。

しかしジョニーは真実がいつかは明らかになるとしてこう話した。

「でもいつかはこの件の真実が明らかになるだろうし、その時に僕はけたたましい急流の上に立っていることだろう。他の人もそうであることを願う。僕は真実が何かを知っているから、仕事やキャリアとか全てのことを今日投げ捨てなくてはいけなくなっても、それならそれでいいさ」

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recomended Post