045
Culture Post

エミリア・クラーク、ドラゴン3匹のタトゥーを入れる

Instagram @emilia_clarke
Instagram @emilia_clarke

エミリア・クラーク(Emilia Clarke)が手首に小さなドラゴンのタトゥーを入れた。

2011年から出演してきたHBOの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のラストエピソードの撮影を2ヶ月前に終えたエミリアは、記念にと自身が演じたデナーリス・ターガリエンが孵化させたドロゴン、レイガル、ヴィセーリオンという名の3匹のドラゴンを体に刻んだようだ。

ドラゴンの母と呼ばれるデナーリスにちなんで、インスタグラムにはそのタトゥーの写真と共に「(タトゥーアーティストの)ドクター・ウーがお母さんに自分の子供を決して忘れないようにしてくれた」と綴られている。

最近エミリアは同ドラマの最終シーンを取り終えた時、他のキャスト共々泣きじゃくったと明かしていた。「嬉しさと悲しさで、皆でたくさん泣いた。セットの上で泣き声がこだましていた。存在意識の危機に陥った感じね」

View this post on Instagram

@emilia_clarkeがシェアした投稿

また、今年6月にはロケ地にて花をバックにセルフィーを投稿したエミリアは、「10年近く自分の第2の故郷だった大地にさよならを言いに来た」「夢にさえ見ていなかったような日々をありがとう。彼ら家族と離れることを寂しく思うわ。ラストシーズン」と綴っていた。

エミリア演じるデナーリスは2011年の初回エピソードから登場、来年放送の最終章にも出演し、キット・ハリントン、メイジー・ウィリアムズ、ソフィー・ターナー、ピータ・ディンクレイジらと最後の共演を果たす。

最新のセレブニュースはこちら

Recomended Post