248
Fashion Post

森星、安藤桃子、ゆう姫が参加「Fendi」の「ピーカブー」10周年記念展

「フェンディ(Fendi)」のアイコンバッグ「ピーカブー(PEEKABOO)」誕生10周年を記念して、GINZA SIXの蔦屋書店にて「フェンディ ピーカブー 〜世代を超えて受け継がれるアイコン〜」展が、2018年9月24日(月・祝)まで開催中。

この展覧会は、世界中のアイコニックな血縁関係の女性たちが参加する 「#MeAndMyPeekaboo プロジェクト」と、チャリティ企画「ジャパン ピーカブー プロジェクト」の一環として開催されている。

「世代を超えて受け継がれるアイコン」をテーマに、このプロジェクトに選出されたのは、日本のファッション界に大きな影響力を与える3人のセレブリティ。世界的デザイナーである森英恵を祖母にもつ森星と、エッセイスト安藤和津を母に、女優の安藤サクラを妹にもつ映画監督の安藤桃子、そして俳優の松田優作を父に、女優・松田美由紀を母にもつシンガーのゆう姫(Young Juvenile Youth)の3人が、それぞれ世界にひとつのバッグを制作した。

The Japan PeekaBoo Project

森星が手がけた「ピーカブー」。ブラックのクロコダイルレザーに花モチーフをビーズ刺繍であしらった。

安藤桃子は、現在ベースとしている高知に生息するニホンジカの角と浜田和紙を取り入れた。

ゆう姫は、母と娘をテーマに描いたイラストを施した「ピーカブー」に。

これら3点のバッグは、オンラインオークションで販売され、収益はそれぞれ慈善団体に寄付される。

会場では、ミュージシャンのアデルや、モデルのカーラ・デルヴィーニュの作品をはじめ、過去の「ピーカブー プロジェクト」で制作された6点のバッグも特別に展示。

さらに、デジタル技術を駆使した「ピーカブー」のバーチャル・オーダーメイド体験や、折り紙アーティストのフチモト ムネジ氏を迎えたペーパークラフトのワークショップも開催する。

メンバーシップに登録すると、フルーツやジェラートモチーフのチャームでカスタマイズも可能。
メンバーシップに登録すると、フルーツやジェラートモチーフのチャームでカスタマイズも可能。

また、銀座店では展示に合わせて、限定エディションの「セレリア ピーカブー」も発売されるので、要チェック。

(左から)「セレリア ピーカブー」リミテッドエディション ¥557,280 「セレリア ミニ ピーカブー」リミテッドエディション ¥489,240(ともに税込)
(左から)「セレリア ピーカブー」リミテッドエディション ¥557,280 「セレリア ミニ ピーカブー」リミテッドエディション ¥489,240(ともに税込)

今だけしか見られない、フェンディのアイコン「ピーカブー」のスペシャルな展示を通して、受け継がれるレガシーを感じて欲しい。

FENDI PEEKABOO – THE ICON INHERITED THROUGH GENERATIONS
「フェンディ ピーカブー 〜世代を超えて受け継がれるアイコン〜」展
開催期間/2018年9月11日(火)〜24日(月・祝)
時間/10:30〜20:30予定(営業時間は変更の可能性あり)
場所/銀座 蔦屋書店内 GINZA ATRIUM
住所/東京都中央区銀座6丁目10-1
URL/www.fendi.com/

Text: Yukiko Shinto

Recomended Post