080
Fashion Post

「Gucci」青山のフラッグシップ ショップがリニューアルオープン!

東京・青山にある「グッチ(GUCCI)」フラッグシップ ショップが9月14日(金)にリニューアルオープン。総面積1,000平方メートルを超える3フロアがフルリノベーションされ、コレクションだけでなくインテリアからもアレッサンドロ・ミケーレの世界観を体感できる空間に生まれ変わった。

2018年9月14日(金)、東京・青山の「グッチ(GUCCI)」フラッグシップ ショップがリニューアルオープン。総面積1,000平方メートルを超える本ショップでは、メンズおよびウィメンズのウェア、ハンドバッグ、ラゲージ、スモールレザーグッズ、シューズ、コスチュームジュエリー、ファインジュエリー、ウォッチ、シルク製品、アイウェア、フレグランス、グッチ デコール コレクション、チルドレンズ コレクションまで、フルカテゴリーをラインナップ。伝統とモダン、インダストリアルとロマンティクなエレメントが融合した店内が、「グッチ」のアイテムの魅力と心地よく共鳴する。

大理石を組み合わせた象嵌と木製のフローリング、テクニカルなディスプレイユニットと空間を飾るプレシャスなファブリックの柔らかさとのコントラストや、ラウンドテーブルとスクエアテーブル、アイアンと大理石など異なる素材を組み合わせ、ショップ全体で独創的な調和が表現されている。

ショップの至るところにラグジュアリーな椅子を配置。ヴィンテージのオリエンタルラグが重なり合うように敷かれ、「グッチ」のエレガントでコンテンポラリーな折衷主義を格上げ。

日本の伝統と「グッチ」の美学を融合させた、ここだけの特別仕様の階段にも注目。漆器のようにつややかな手すりには、アンティークゴールドのフローラル パターンが描かれている。

3階で新たに展開されるチルドレンズ コレクションのコーナーは、ピスタチオグリーンのカーペットと、ネイビー&ホワイトのストライプやイエロー&ホワイトのギンガムチェックの壁紙で彩られる。色とりどり明るい壁やファブリックに囲まれた遊び心あふれる空間は、自由に夢をふくらませる子どものベッドルームを連想させる。

今回のフルリノベーションに合わせ、「グッチ」を代表するアイテムをパーソナリゼーションできる「GUCCI DIY(Do It Yourself)」プログラムを展開。パッチやエンブロイダリー、プリント ライニングなどの装飾をカスタマイズできるメンズ アイテム、さらにイニシャルを編み込んでカスタマイズできるユニセックスのニットウェアがスタートする。

2018年10月中旬には、ウィメンズのDIY プログラムもスタート。ウェア、ドレス、カーディガン、そしてバイカージャケットなどさまざまなスタイルのジャケットのカスタマイズを楽しむことができる。ハンドバッグ、ラゲージ、アクセサリーもパーソナライズすることができるので要チェック。

本日よりオープンしている「グッチ青山」。最新コレクションのほかにも青山店限定のハンドバッグやラゲージ、メンズおよびウィメンズのシューズ、ウェアを用意。アップデートされた心地よい空間で、お気に入りのアイテムに出会えるに違いない。

グッチ青山
住所/東京都港区北青山3-6-7
営業時間/11:00~20:00
URL/www.gucci.com

Text:Sakina Noda

Recomended Post