250
Culture Post

ジェニファー・ローレンス、メイクが苦手!?

©Bang Media International
©Bang Media International

ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)はメイクが苦手であることから、日常生活の中ではほぼノーメイクなのだそうだ。

ジェニファーは映画やレッドカーペットの際に担当するプロのメイクアップアーティストの足元にも及ばない自分がヘタに手を加えるよりは素顔のままで過ごす方が良いと考えているという。

ハーパーズ・バザー誌とのインタビューの中でジェニファーはこう語る。「イベントとかがない日はだいたいノーメイクなの。プロからやってもらうことが多いから、自分の顔には自分で手を加えないほうが良いみたい。プロから何も学んでないのよ」

その一方で、スキンケアには自分でも気遣っているようで、角質ケアとナイトマスク、日焼け止めは必須だと語る。「角質除去は毎晩欠かさないわ。何を使ってもいいの。ザラザラ感のあるものならなんでもいいから、色んなものを使ってるわ。私は乾燥肌だから、ナイトクリームを使ってるわ。それに厚めのフェイスマスクもいつもしてるわね。ブランド名は忘れちゃったけど、臭いはあまりよくないの」「フェイスケア製品はこまめに変えることが重要だと思うの。でもレチノールはナイトクリームの前に毎晩使ってる。毎晩使うなって言われてるものだけど、私はいつも『そんなの関係ない!』って感じなのよね」「日中は日焼け止めを使ってる。どこのでも良いけど、酸化亜鉛が含まれているものにしてるわ」

また、日常生活ではエクササイズも多く取り入れているというジェニファーだが、食生活に関しては特に決まった習慣はないそうで、「コーヒーを飲んで、歯を磨いて、日焼け止めとコンシーラーを付けて犬の散歩に行く。その後シャワーを浴びたら、のんびりしてる。CNNのニュースに叫びつけたりよくしてるわ。私の声が届いたらってすごく思うけど。それに健康に関してもう少し気を遣えたらと思う。ビタミン剤も取らないし、11歳の孤児みたいな食事をしてる。でもエクササイズはしてるわよ!ピラティスをやってるし、走ってもいるの」と続けた。

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recomended Post