257
Lifestyle Post

インテリアから食まで! 気になるあの人の美意識に迫る

「Beuty Rules 美しい人よ」が特集テーマの「Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)」10月号で、パリで最も勢いのある人気インテリアデコレーターのサラ・ラヴォワンヌと、多くの著書を持ち、食の分野で活躍する料理家の細川亜衣にフォーカス。空間と食の分野で、美しい暮らし方について聞いた。

サラ・ラヴォワンヌに聞く、パリ式の美しいライフスタイル

自身の名を冠した4軒目のコンセプトストアをオープンし、高級老舗鞄・革製品ブランド「ランセル(Lancel)」とコラボレーションするなど、いまパリで最も勢いのあるインテリアデコレーター、サラ・ラヴォワンヌ。個人宅からホテルやオフィスと、幅広く活躍する彼女がインテリア術を伝授! 色使い、アートピースの取り入れ方、香りに至るまで、いますぐ参考にしたいサラの世界観を紹介。“自分のスタイル”を持つことを大切とする彼女のフィロソフィーを探る。

細川亜衣の食をめぐる美意識

イタリアの家庭の食卓や食堂の厨房で料理を学び、日本に帰国。素材の味を引き出した料理で知られる料理家、細川亜衣。結婚を機に、拠点を東京から熊本へ。イタリアと熊本、二つの土地で生活し、食を通して見えてきた細川亜衣の美意識と、そのエッセンスとは? さらに、身近にある新鮮な野菜を使った、素材の味を引き出したレシピも掲載。

最新号では他にも、心に響く美しいモノ、コト、ヒトをフィーチャー。シルエットやカラー、ジュエリーをまとったファッションページや、ローラ自らの提案で実現した美しいセミヌードのビジュアルと本音を語ったインタビューなど、ぜひチェックして!

最新号をamazonで購入

最新号の中身はこちら

Issue:Numéro TOKYO October 2018 No.120

Recomended Post