593
Fashion Post

野生のトラを守りたい! Kenzo×タイガービール×WWFコラボ始動

野生のトラを絶滅から救うために、「ケンゾー(KENZO)」「タイガービール」「WWF」がコラボレーション。 8頭の野生のトラの生涯にヒントを得たという「Rare Stripes」コレクションが、2018年7月21日より発売される。

密猟や生息地の破壊により、野生のトラの数は急速に減少している。現在、世界に生息している野生のトラの数は約3,900頭といわれ、今なお密猟に脅かされている。タイガービールとWWFは、6年間のパートナーシップを結び、2022年までに世界の野生のトラの生息個体数を倍にするという目標を掲げグローバルな取り組みをすすめてきた。そして、今回、トラの象徴的なデザインで知られる「ケンゾー」がパートナーシップに加わった。

ケンゾーより発売される「Rare Stripes」コレクションでは、新進気鋭のアーティスト4名を起用。彼らはKENZOの共同クリエイティブ・ディレクター、ウンベルト・レオン(Humberto Leon)、キャロル・リム(Carol Lim)と共に、野生のトラがほぼ絶滅しているカンボジアを訪れ、WWFの野生動物専門家と面会し、理解を深めた。


コンテンポラリーアーティスト兼彫刻家のメリル・スミス(Meryl Smith、米国)と、ケンゾーのウンベルト・レオン。


メリル・スミスは罠で怪我をしたマレーシアの野生のトラからインスパイアをうけた。



イラストレーターでデザイナーのエスター・ゴー(Esther Goh、シンガポール)。


イラストレーター兼版画家のジュリエンヌ・タン(Julienne Tan、タンザニア)



ジュリエンヌ・タンのスケッチ。2007年、カンボジアで最後に撮影されたトラがモチーフ。

ke9
ビジュアル・デジタルアーティストのショーン・リーン(Sean Lean、マレーシア)

ke10
ショーン・リーンはロシアの野生のトラ「Vladik」とネパールの「Kamrita」からイメージ

ウンベルト・レオンは「トラのいない世界なんて想像できませんが、もし、今、私たちが何もしないで手をこまねいていれば、そうした現実に直面する可能性があるのです。野生のトラの数が急速に減少するという非常に憂慮すべきこの問題への人々の関心を高めるために、タイガービールやWWFと協力し、若いアーティストの皆さんと一緒にこのスペシャルコレクションを製作することは非常に楽しみです。」とコメントしている。

アイテムには、オーガニックテキスタイルの世界基準であるGOTS(Global Organic Textile Standard)に適合したオーガニックコットン100%が使用され、売上はWWFの野生トラ保護活動の支援に充てられる。本コレクションは2018年7月21日15時より、東京・銀座GINZA SIXのKENZOストア、公式オンラインストアで発売スタート!

KENZO GINZA SIX
住所/東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 3F

KENZO Paris Japan
TEL/03-5410-7153
URL/KENZO.COM

Text:Hiromi Mikuni

Recomended Post