409
Culture Art

祝10周年! NADiffでのChim↑Pom伝説再び

NADiff a/p/a/r/tのオープン10周年を記念して、Chim↑Pom(チン↑ポム)の展覧会が開催される。7月7日(金)〜22日(日)まで。

広島の上空に飛行機雲で文字を書く『ヒロシマの空をピカッとさせる』(2009)や、渋谷駅に設置されている岡本太郎の壁画『明日の神話』の一部に、福島原発をイメージさせる絵を設置する『Level 7. feat. 明日の神話』など、そのゲリラ的活動で賛否両論を巻き起こしてきたアーティスト集団・Chim↑Pom。これまで現代社会に全力で介入するメッセージ性の強い作品を発表し続け、その展開はますます大きな規模に発展している。

そんな彼らの展覧会が、東京・恵比寿のアートショップNADiff a/p/a/r/tが7月7日に活動10周年を迎えるにあたり、10年越しの企画として開催される。

NADiff a/p/a/r/t がオープンした2008年、こけら落としとして開催されたChim↑Pomによる「日本のアートは10年おくれている 世界のアートは7、8年おくれている」。この展覧会では、展示空間に落書きを書き散らし、汚水で水没させた壁や床で空間を覆うことで、新築のギャラリーを廃墟化させるインスタレーションとパフォーマンスが行なわれた。10年たった今、ギャラリーを囲む白い壁はやはり破壊され、ギャラリー内部には再び汚水の壁がつくられるはずだ。そして、瓦礫と廃材が水面を覆うことになるだろう……。


展覧会初日の7月6日(金)にはパフォーマンス、翌日7日(土)にはこの10年間のアートシーンを振り返る座談会も開催される。そのほか10周年企画については、公式サイトをチェックしてみたい。

Chim↑Pomのエネルギーを直接肌で感じるこの機会。10年越しの方も初めての方も、ぜひお見逃しなく。


会期/2018年7月6日(金)〜7月22日(日)
会場/NADiff a/p/a/r/t
住所/東京都渋谷区恵比寿1-18-4
入館料/無料
時間/12:00〜20:00
休館/会期中無休
TEL/03-3446-4977
URL/www.nadiff.com/

Text : Manami Abe

Recomended Post